そのとき自衛隊は戦えるか

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 318p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784594045494
  • NDC分類 392.1

内容説明

国防費世界第三位、24万人の隊員を擁し、イージス艦や200機のF15戦闘機を保有するが、果たして実戦でどこまで通用するのか。イラクへの派遣やテロ対策、さらに集団的自衛権など、今後の法整備等の問題をふまえ、本書でその真相に迫る。

目次

第1章 “自衛隊”という名の日本軍
第2章 これが自衛隊の本当の実力だ
第3章 知られざる民生協力のドラマ
第4章 PKOと国際貢献―イラク派遣が教えるもの
第5章 時代錯誤の議員とマスコミが国を潰す
第6章 自衛隊もし戦わば―中国人民解放軍との戦い
第7章 北朝鮮への備えと立ちはだかる国内法
第8章 国軍再建への道

著者紹介

井上和彦[イノウエカズヒコ]
1963(昭和38)年、滋賀県大津市生まれ。法政大学社会学部卒業。ジャーナリスト。国際情報誌『SAPIO』(小学館)をはじめ、『正論』(産経新聞社)その他一般雑誌で執筆活動を行う。専門は国際政治、軍事、戦史、台湾・韓国事情など。その他、部外講師として自衛隊における講演も行う