みじかい命を抱きしめて

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 202p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784594045357
  • NDC分類 936
  • Cコード C0098

内容説明

12歳にして、その肉体年齢はおよそ80歳の娘アシュリー。遺伝子異常によって普通の10倍近いスピードで老化していく早期老化症(プロジェリア)という過酷な宿命を背負いながら、今という瞬間を前向きに生きる母子。母親ロリーが語った愛と勇気。

目次

トムボーイ
家出の果てに
十七歳の出産
宣告
シングルマザー
発作
最悪の結末
絶望の淵
必死の模索
転落〔ほか〕

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Qちゃん

39
アシュリーちゃんの母親の話。テレビでプロジェリアという病気のアシュリーちゃんの事を何年も前に知り、強くて優しい子だと心から思ってから、番組があるたびに見ていた。アシュリーちゃんの書いた本は読んでいたが、母親が書いた本は読んでいなかったので読んでみた。続いて『アシュリーが教えてくれたこと』へ。2018/04/01

める

6
人の8〜10倍早く歳をとる難病「プロジェリア」のアシュリーの、お母さんが書いた本。アシュリーちゃんの内容よりも、著者ロギーさんの半生が中心かな?この本が出たあと親友のジョンが亡くなって、アシュリーが最年長になって、そのアシュリーも亡くなってしまいましたね。テレビで追いかけていたので少し寂しいです。ほかの本も読んでみたいかも。2011/07/09

ニコ

3
★★★★☆ アシュリーどうしているかな…と思っていた矢先、先日亡くなったというニュースを聞いて、短い命と分かっていても、驚きと悲しみでいっぱいになった。2009/06/04

Asako Wada

1
2009年にアシュリーが亡くなったあと、ロリーさんはどんな暮らしをしているのでしょう。「短い人生を一生懸命生きることの大切さを教えたい。そして自らの死や生きる目的を考えてほしい。」エピローグより。2015/02/10

プラスM

1
先日アシュリーが亡くなったニュースを聞いて読もうと思った本です。若くしてママになり、その子供が難病で・・・・かなりきつかったと思います。。アシュリーの存在は偉大。ご冥福をお祈りいたします。2009/05/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/68564

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。