イラク便り―復興人道支援221日の全記録

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 205p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784594043339
  • NDC分類 302.281
  • Cコード C0095

内容説明

中東の大地を駆け抜けた外交官の思いとは!注目を集めた外務省ホームページ「イラク便り」の全文を一挙掲載。

目次

クウェートから一路バグダッドへ
宮殿で仕事をしよう
チグリス河の畔で
星はどこだ?!
遂に仲間が到着
シャワーから水が出るぞ
日本から調査団到来
バグダッドの人々
遂に食堂が整備される
初めての休日?〔ほか〕

著者等紹介

奥克彦[オクカツヒコ]
1958(昭和33)年兵庫県宝塚市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業後、外務省入省。在イラン大使館、在米国大使館、アジア欧州協力室長、国際経済第一課長、国連政策課長等を経て、2001年11月より在英国大使館参事官。2003年3月よりイラクに派遣され、日本政府と人道復興支援局(ORHA。後に連合暫定施政当局(CPA)に改編)との調整に中心的役割を果たした。2003年11月29日、イラク中部のティクリート付近で銃撃され死亡した。同日付で大使に昇進した
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。