ワンダー

個数:
電子版価格 ¥1,518
  • 電書あり

ワンダー

  • ウェブストアに31冊在庫がございます。(2022年05月18日 16時55分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 421p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784593534951
  • NDC分類 K933
  • Cコード C0097

出版社内容情報

きっと、ふるえるーー
全世界300万部の感動作、ついに刊行!

内容紹介
オーガストはふつうの男の子。ただし、顔以外は。生まれつき顔に障害があるオーガストは、10歳ではじめて学校に通うことになった。生徒たちはオーガストを見て悲鳴をあげ、じろじろながめ、やがて……。全世界で300万部売れた、感動のベストセラー

「いじめ」を題材にした児童向けの小説ですが、その枠におさまらず、多くの人を魅了し米国ではNYタイムズベストセラー第1位になりました。物語は主人公のオーガストだけではなく、同級生や姉など多数の視点から、それぞれの立場、感じ方がリアリティを持って語られています。読者はその中の誰かに共感し、誰かの思いを感じ取り、自分の中の何かをかえてゆく、そういう力をもった作品です。

【著者紹介】
アメリカの作家。本書がデビュー作。アメリカの出版社で、長年アートディレクター、本のデザイナー、編集者として多くの本を担当してきた。夫と二人の息子、二匹の犬とニューヨーク市に住んでいる。



『Wonder』(ワンダー)全世界で300万部突破の感動作!ほるぷ出版のサイトはこちら

作者のQ&A試し読み(PDF)がご覧いただけます。

内容説明

きっと、ふるえる―オーガストはふつうの男の子。ただし、顔以外は。全世界300万部の感動作。

著者等紹介

パラシオ,R.J.[パラシオ,R.J.] [Palacio,R.J.]
アメリカの作家。長年、アートディレクター、デザイナー、編集者として、多くの本を担当してきた。『Wonder ワンダー』がデビュー作。夫と2人の息子とニューヨーク市に住んでいる

中井はるの[ナカイハルノ]
翻訳家。出産をきっかけに児童書の翻訳に携わるようになる。2013年、『木の葉のホームワーク』(講談社)で第60回産経児童出版文化賞翻訳作品賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 3件/全3件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ミカママ

491
【原書】ちくしょぅ、ヤられた。文字の読める人は(大人も子供も)全員読むべき。人類の課題図書。この勢いで、今日は映画を観に行きます。2017/11/24

たけ

415
今作は、10歳の男の子オーガストの物語♪ 生まれつき顔に異常があり、初めての学校での1年を、オーガストに関わる人たちの視点から見れてそれぞれの驚きと共感がある! オーガストなりの考え方や、感じ方があって読者を物語に溺れさせるところなど、凄まじく、ユーモラスだ!! この世に普通な人なんていない、だからこそ普通じゃない人こそ普通だと僕は思う、だから皆んな普通だし普通じゃない、普通ってなんだろう最高に考えさせられる。だからこそ最高に面白く興味深い! 多くの方にぜひぜひ読んでもらいたい(´・Д・)」!!2021/03/05

takaC

324
ずっとオーガスト視点で語られていくのかと思っていたら、オリヴィアやジャックやサマーやミランダ視点も混ぜられており読んでて分かりやすかった。ミランダのその後が気になる。2017/09/23

🅼🆈½ ユニス™

309
オギーと言う太陽のまわりにいるヴィア、サマー、ジャック、ジャスティン、ミランダの6人の視点で物語は始まる。6人全ての立場に共感出来る作家の筆力に感嘆せざるを得ない。本の表紙のデザインを主にして来たグラフィックデザイナーであるRJパラシオのデビュー作。アイスクリーム屋の前でオギーと似た女の子に出会ってこの作品への霊感を得たと言う。ハッピーエンドで一冊は終わるけど、オギーに残された日々の混乱克服は容易くはないだろう。👊 1日1日世界を克服して生きている全ての子供達に熱烈な起立拍手を送りたい❗️★5❗️2018/07/25

nobby

278
もうね、映画で観てたけど、いや知ってたからか度々こぼれる涙…まさにノーマライゼーション“ふつう”を考えさせながら微笑ましく読める良い作品。オーガストはふつうのことをする十歳の子、ただ誰が想像するよりもひどい外見から他人はふつうだと思っていない。そんなオギーが学校に通いだして起こす奇跡まさにワンダー。キレイごとだけでなく子供ながらに残酷な事柄も経て、ラストに向けて地固まる友情模様には感情揺さぶられる。何より彼を包み込む家族の笑いと優しさが生む、まるでデス・スター破壊に並ぶ興奮にスタンディング・オベーション!2018/07/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9781019

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。