白泉社招き猫文庫<br> 妻恋稲荷 煮売屋ごよみ

個数:

白泉社招き猫文庫
妻恋稲荷 煮売屋ごよみ

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 250p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784592831327
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

江戸は妻恋町の五軒長屋の一角に、一軒の煮売屋が店開きした。看板メニューは稲荷寿司と日替わりのお惣菜。人々の舌をほっと和ませる店主・駒の味は、亡き夫から伝授されたものだった。素材の味を生かし、余すことなく使い切ることで料理と向き合う日々を過ごすうち、駒は少しずつ夫を失った哀しみから立ち直っていく。美味と感涙の文庫書き下ろし。

著者紹介

五十嵐佳子[イガラシケイコ]
山形県出身。ライター、作家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

老舗の料理屋の主だった夫の急死で、お駒は妻恋稲荷横の表長屋に一人越してきた。大家に頼まれ祭りのお稲荷さんを作ったのをきっかけに、夫の味を思い出しながら煮売屋を始める。下町の人情料理帖。
2016年1月刊。