白泉社招き猫文庫
妻恋稲荷 煮売屋ごよみ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 250p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784592831327
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

老舗の料理屋の主だった夫の急死で、お駒は妻恋稲荷横の表長屋に一人越してきた。大家に頼まれ祭りのお稲荷さんを作ったのをきっかけに、夫の味を思い出しながら煮売屋を始める。下町の人情料理帖。
2016年1月刊。

内容説明

江戸は妻恋町の五軒長屋の一角に、一軒の煮売屋が店開きした。看板メニューは稲荷寿司と日替わりのお惣菜。人々の舌をほっと和ませる店主・駒の味は、亡き夫から伝授されたものだった。素材の味を生かし、余すことなく使い切ることで料理と向き合う日々を過ごすうち、駒は少しずつ夫を失った哀しみから立ち直っていく。美味と感涙の文庫書き下ろし。

著者等紹介

五十嵐佳子[イガラシケイコ]
山形県出身。ライター、作家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぶんこ

54
相思相愛の夫婦だった春吉と駒だったが、春吉が突然病死。嫁いだ料理屋「松金」を出て妻恋稲荷神社の前の表長屋で煮売屋を始めます。食材を無駄なく使い切る駒、骨惜しみなく働く駒に、読んでいて愛着が湧いて肩入れしたくなってました。アイデア豊富で楽しく働く姿が爽やかです。久しぶりに主人公に惚れてしまうキャラなのが嬉しくなっちゃいました。稲荷寿しと芋天食べたい。続きがあるのでしょうか。もっと読みたいです。2018/05/25

真理そら

49
出てくる食べ物も人物もみんないい。この文庫のシリーズは好きなのに続編が出ないのが悲しい。長屋の人に押し切られる形で作り始めた稲荷ずしもきつね煎餅も駒のやる気でうまくいくようになった。このあたりがあまりにも順調すぎる気がしないでもないけど、疲れた気分の時に読むとホッとする。義弟嫁・ふじは駒に対していじわるだけれど、おふじさんの立場ならそういう心境になるのも仕方ないよね、と納得してしまう。料理にも料理屋にも素人の弟夫婦で今後の「松金」は大丈夫だろうかと心配したくなる。2019/05/23

むつこ

27
幼い頃に両親を亡くし、置屋で育ててもらって三味線芸者になり出会った料理人の夫を7年目に失い、新天地で暮らし始めるヒロイン・駒がひょんなことから稲荷寿司をメインにした総菜屋を展開するお話。まー、このお駒さん、めちゃくちゃ出来る人で、どっからそんなにアイデアが湧いてくるの?とうまく行き過ぎます。人間関係というか家族関係が複雑さは別として料理小説としてはヨダレものだし、真似できそうなレシピがてんこ盛り、その後が読みたい余韻に浸れます。2020/05/15

はるき

20
細腕繁盛記、お江戸版。軽いタッチなので入っていきやすい。2016/03/20

ううち

19
稲荷寿司がとても美味しそうでした。珍しい食材に挑戦!とかではなく、食材を余すところなく使う、いわゆるお惣菜なのですが、どれも美味しそう。商売を始めるにあたって、あれこれ工夫する過程も楽しい。料理する楽しさが伝わる良いお話でした。2016/09/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10171251

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。