白泉社招き猫文庫<br> 藍の武士―御用絵師一丸

個数:

白泉社招き猫文庫
藍の武士―御用絵師一丸

  • 出版社からお取り寄せいたします。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 251p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784592831211
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

天保の頃、水野忠邦は改革を推し進めるとともに諸藩の改易を企んでいた…。大奥で水野に対抗する広大院に仕える絵師一丸は武士を捨て、“毒師”として暗殺者の道を歩む。藩を守るために実の父を死に追いやった若者の暗殺を依頼された一丸は…(「藍の武士」)。“毒師”としての宿命を負った男の活躍と葛藤を描く、渾身の書き下ろし時代小説4編。

著者紹介

あかほり悟[アカホリサトル]
1965年3月8日生まれ、愛知県出身。「あかほりさとる」のペンネームでアニメ脚本、ライトノベル、漫画原作などで数々のヒット作を生み出す。「あかほり悟」名義では新境地の時代小説に挑戦。『御用絵師一丸 藍の武士』は2作目(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

藩のために実の父を斃さなければならなった武士の暗殺を依頼され…。武士を捨て毒師として暗殺者の道を歩む一丸の活躍と葛藤を描く!
2015年9月刊。