白泉社招き猫文庫<br> 貸し物屋お庸―江戸娘、店主となる

個数:

白泉社招き猫文庫
貸し物屋お庸―江戸娘、店主となる

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月21日 01時55分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 273p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784592831051
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

大工の娘・庸は“棟梁のお嬢さん”だが自分を「おいら」と呼ぶほどの男勝り。不自由ない生活を送っていたが、ある夜、家に賊が押し入ったことで生活が一変する。庸はある決意をして、貸し物屋の若き店主の元を訪れる…。江戸のレンタル業・貸し物屋に持ち込まれる摩訶不思議な注文を解決する庸。江戸を駆ける痛快キャラクター誕生!文庫書き下ろし。

著者等紹介

平谷美樹[ヒラヤヨシキ]
1960年、岩手県生まれ。2000年『エンデュミオンエンデュミオン』でデビュー。同年『エリ・エリ』で小松左京賞を受賞。14年、歴史時代作家クラブ賞・シリーズ賞を受賞。ホラー、時代小説ともに著作多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

とし

151
貸し物屋お庸「江戸娘、店主となる」1巻。初読みの作家さん、貸し物屋(現代のレンタル業)の雇われ店主になったお庸さん、依頼された貸物にまつわる事件の解決とお庸さんの成長、謎めいた貸し物屋「湊屋」の経営者清五郎さんと関係、どのように展開するのか楽しく読めるシリーズです。2015/07/01

はにこ

49
大工の娘、お庸は押し込みに遭い両親を失う。仇をうつために得た情報の代わりに貸し物屋で働き出す。物を貸しながらちょっとした謎ときもする。そんな話だった。べらんめぇ調のお庸。何だかちょっと慣れないけど話はまぁまぁ面白かったので続きも読んでみようかな。2020/10/11

ベルるるる

37
少女漫画的だけど面白かった。文庫名が「白泉社招き猫文庫」ですって!!だからか~。 両親がいつまでも居ると思っていたお庸。いつまでも今のまま幸せだと信じていたお庸。それがある夜に全てが変わってしまう。ちょっと泣けちゃった・・・2018/09/01

のびすけ

26
シリーズ1作目。お庸は男勝りで喧嘩っ早くて口が滅法悪い。あるとき賊に両親を殺され、ひょんなことから清五郎が営む貸し物屋の出店の店主になる。両親の仇討ちから店主になるまでの第1話、雛人形を借りた客の悪巧みを探る第2話、笊を借りにきた客の人情話の第3話、お庸の実家に出る女の子のお化けの正体を暴く第4話の全4編。商売、ユーモア、人情、恋心、捕物、ファンタジーと物語の要素は盛り沢山なのだけど、その反面散漫になってる感じ。どうもこのシリーズは完結しないまま4作で終了してるようなので、これで打ち止めします。2021/05/01

ブルーベリー

25
最初は悲しい出来事から。貸物屋として頑張る主人公。何でやろう、物語はどれも良かったけど私は何故か主人公が好きになれなかった。。2019/03/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9099733

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。