ジェッツコミックス
ナナとカオル 〈10〉 - 朗読劇CDつき初回限定版

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ コミック判/ページ数 188p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784592146698
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C9979

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kanon

4
実は10巻はこの限定版で購入していた。通常盤と表紙が違うのね。朗読劇とやらをこっそりと聞いてみたが、うん、完璧に原作が表現されていたんじゃないかなあ、と。勿論朗読劇だけを聞いていたわけじゃなくて、音声を聞きながら同時に絵を見てたんだけどね。こういうのもたまには良いかなあ。2015/11/04

eucalmelon

0
メインはきっと人だろうけど、ヒロくんナイス!!なかなか彼は愉しい!今回の息抜きでカオルの自覚が顕著になったような。 初登場、ナナの父親!・・・ちいせー!父親の余波でナナ、いっぱいいっぱい?2016/05/21

daigotown

0
序盤、デレすぎて残念な展開になるかと思ったけど、終盤で持ち直してくれた。カラーページのチョコまみれナナが良い感じ。朗読CDはもう少し寝かせてから聴くことにしよう。2013/05/26

sanzi24

0
カオルが「ナナの隣にいたい」と認めた。 そして努力することを決意した。 その悲壮までの思いに感じ入ってしまいます。 ひき続き先が気になります。

ryoku

0
犬になったナナと涼子。トイレトラブルで落ち込むカオルもナナと涼子のおかげで最期は笑顔に。3人の距離がぐっと縮まる「犬編」終了。しかし、別居中の父親の登場で落ち込むナナ。そんなナナに対してカオルがとる手段は? 続きは次巻。気になる。2013/05/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6653027

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。