今日も、私は生きている。―世界を巡って気づいた生きること、死ぬことの意味

個数:
電子版価格
¥1,540
  • 電書あり

今日も、私は生きている。―世界を巡って気づいた生きること、死ぬことの意味

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年05月24日 06時58分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 238p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784591178911
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

出版社内容情報

シリーズ24万部突破! 
92歳になる著者が、これまで数多くの国や地域を巡って実感した
「生きること、死ぬこと」の本当の意味とは?

富める人、貧しい人、キリスト教徒、イスラム教徒……
それらの出会いで知らされた「勝ち負けのない人生」を説く。
これまでの価値観を問い直す、背筋が伸びる名エッセイ集。

(目次より)
第1章 幸福の収支決算

★三秒の感謝
★人間はここまで非人間的になる
★誰しも簡単に悪魔になりうる
★義務教育に死学を
★理不尽ゆえ、人間は謙虚になる
★受けるよりは与えるほうが幸いである
★ほんとうに満たされるのは与える時である
★自然の厳しさが人を変える


第2章 生きるための本物の力

★竹藪でみつけた“人骨”
★神はいつまでも覚えている
★海外で通用しない日本人の美徳
★星の国の賄賂
★ルールの裏に儲けの道あり
★これ見よがしの正義が放つ腐臭
★神の友人になるためにお金を使う
★海外でホテルが満室のとき……
★生き抜くための力
★真の優しさには「力」の裏付けがある
 
第3章 ゆるやかな時間の中で

★黒人をみない医者
★幸福なたわごと
★オーバーを着て暑さを避ける土地
★「厳密さ」が評価されない場所
★一日遅れの汽車でいい
★時間から解放されて
 
第4章 家族のあり様はそれぞれ

★生きることがまず先なのだ
★生活のために闘う小さな闘士
★「子供の聖域」を持っていない子供たち
★文化で違う愛の表現
★夫婦関係の多様さ
★自分の住所を知らない日本人妻
★お金でやりとりするアラブの結婚
 
第5章 勝者もなく敗者もなく

★ふくよかさが育つ土壌
★いい話といい加減な話
★こんな抜け道もあった
★道を訊かれたら
★「しつこさ」という美徳
★チャンギー刑務所の食事
★片方の継ぎはぎだらけの靴をください
★祭壇で毒をあおいだ神父
 
第6章 宴の後に持つべきもの

★キラキラ輝く日本
★絢爛たる繁栄の跡
★日本に忍び寄る“衰退”
★国の凋落にいかに対処するか
★神を畏れる人の知恵
★神以外に恐れる必要はない

内容説明

92歳になる著者が様々な国で出逢った富める人、貧しい人、幸せな人、不幸な人…。それらの出会いが人生に与えてくれたものとは?111か国を巡って悟った「勝ち負けのない人生」。あなたの価値観を問い直す、背筋が伸びる名エッセイ集。

目次

第1章 幸福の収支決算
第2章 生きるための本物の力
第3章 ゆるやかな時間の中で
第4章 家族のあり様はそれぞれ
第5章 勝者もなく敗者もなく
第6章 宴の後に持つべきもの

著者等紹介

曽野綾子[ソノアヤコ]
1931年東京都生まれ。作家。聖心女子大学卒。『遠来の客たち』(筑摩書房)で文壇デビューし、同作は芥川賞候補となる。1979年ローマ教皇庁よりヴァチカン有功十字勲章を受章、2003年に文化功労者、1995年から2005年まで日本財団会長を務めた。1972年にNGO活動「海外邦人宣教者活動援助後援会」を始め、2012年代表を退任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。