ポプラキミノベル 創作<br> それを世界と言うんだね

個数:
電子版価格
¥825
  • 電書あり

ポプラキミノベル 創作
それを世界と言うんだね

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月16日 04時43分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B40判/ページ数 271p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784591177303
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8293

出版社内容情報

14歳の少女は、ある日目覚めたら自分が誰かわからず、物語管理局という時空の狭間に来ていた。目の前には立派なお城がそびえ立っている。すると、王子を名乗る不思議な少年がやってきた。彼曰く、お城には物語の登場人物たちが暮らしており、城主は親指姫だという。ソフィアは自分が誰かを突き止めるため、「王子」と物語管理官として活動する。物語管理官とは、物語の世界で不幸になった者を救うのが仕事。「マッチ売りの少女」「裸の王様」などで不幸なキャラクターをふたりで救っていく。唯一の禁忌は、管理官は自分の物語に入ってはいけないこと。しかし、禁をおかして王子は自分の物語と思われる「人魚姫」の世界に飛び込んでしまい――。

キミの物語が世界を救うーーカンザキイオリ(原案楽曲)×花譜(歌い手)×綾崎隼(作家)×白身魚(イラストレーター)
読者から募集した歌詞が楽曲になった『それを世界と言うんだね』の感動のノベライズが満を持して刊行!

内容説明

少女はある日目覚めると、自分が誰かわからず、時空のはざまの城にきていた。城には物語の登場人物たちがくらしており、城主は親指姫。少女は「王子」と呼ばれる少年と物語の世界で不幸になったものを救う、物語管理官として活動することに。めくるめく展開とあっとおどろくしかけ。そして涙なしには読めない感動のラスト…!大人気楽曲『それを世界と言うんだね』小説化!小学校高学年から。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

なみ

12
記憶を失った状態で目覚めた少女は、王子と呼ばれる少年と共に、物語の世界で不幸になった誰かを救う活動を始めることに。 ファンタジー要素も楽しめましたし、物語の持つ力を改めて思い知らされる、素敵な1冊でした。 中盤までは、不幸な登場人物をどのように救うのか、という面白さがありながら、第二部、第三部と進むにつれ、読者の想像を鮮やかに越えてくる急展開はさすがでした。 それが恋だとしても、友情だとしても、敬愛だとしても、誰かが誰かを想う心は美しくて、その美しさが存分に伝わってくる文章も大好きです。2023/03/29

かん

5
2人の正体はまったく予想できなかった。まさかそんな展開とは。綾崎さんの新境地ってかんじだな、2023/03/22

リラッママ0523

3
小学校では1年から3年まで毎年みっちり昔話を習う。昔話がたくさん登場するこの本を読んで、懐かしい友達に再開したような気持ちになって、本の世界そのものに愛着を感じてくれると嬉しい。国語が好きな子にはたまらない本です。2023/07/02

かば

1
記憶を失っていた少女が、物語の中で不幸になったものだけがたどり着ける物語管理局で出会った王子。彼と一緒に物語の世界に飛び込んで、不幸になったキャラクターたちを救うために様々な世界を旅する展開で、思いもかけない方法で登場人物たちを救ってみせる中、明らかにされてゆく主人公や王子の正体。最後は温かい気持ちに満たされた。2023/07/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20863843
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。