ポプラ文庫ピュアフル<br> 宮廷のまじない師―妖しき幽鬼と星夜の奇跡

個数:
電子版価格
¥770
  • 電書あり

ポプラ文庫ピュアフル
宮廷のまじない師―妖しき幽鬼と星夜の奇跡

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2024年07月19日 19時20分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 251p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784591171172
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報



顎木 あくみ[アギトギアクミ]
著・文・その他

内容説明

白髪に赤瞳、幼い頃より鬼子とおそれられた市井のまじない師・珠華のもとに、絶世の美男子である若き皇帝・白〓が新たな依頼にやって来た。国の一大行事「星の大祭」を前に、幽霊の噂が人々を騒がせているという。真偽を確かめるべく、二人は祭りの開催地である栄安市へと出かけることに。そこで思いもよらぬ相手と出会う―はたして無事に「星の大祭」を開催できるのか?そして、身分違いながらも惹かれ合う二人の関係は…?切なくも愛しい、中華ファンタジー浪漫譚!

著者等紹介

顎木あくみ[アギトギアクミ]
『わたしの幸せな結婚』(KADOKAWA)でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

31
国の一大行事「星の大祭」を前に、人々を騒がせていた幽霊の噂。珠華は真偽を確かめるべく皇帝一行に紛れ込み、祭りの開催地である栄安市へと向かう第二弾。若き皇帝・白焔の依頼で一緒に行った南方で出会った少女、思いもよらなかった人物との邂逅、そして幽霊騒動と指環を巡る真実。騒動を解決しようとしたら結果的に何かいい感じにまとまっちゃった感はありますけど、皇帝の目指す施策を進めていく中で、少しずつ確実に変わりつつある二人の関係性が今後どうなるかですね。あとひょっこり付いてきちゃった人も気になるところではあります(苦笑)2021/11/05

はなりん

27
シリーズ第2弾。星姫の祀られいる南の領地で星の大祭が行われるため、皇帝と妃達が行幸する事に。そんな折にその地で幽霊騒ぎがあり、珠華も同行する事に。建国の皇帝と7宝将の事、前巻出てきた水晶の指輪の事など少しずつこの世界観が明らかに。不思議な幼馴染の子軌や珠華の事、珠華と白焔の因縁もなんとなくわかってきた感じ。続きが楽しみになってきた。2022/12/17

天猫ゆみ@VOISING推し@おもっちとペア画中

12
シリーズ1冊目が面白かったので読んだ。表紙がかわいい💕2023/04/07

starly

12
わたしの幸せな結婚』著者がおくる、中華ファンタジー浪漫譚、第2弾。 今度は偽りの女官として再び皇帝、白焰と新規依頼する事になったまじない師である主人公、珠華。 前回は珠華が白焰の事をあまり意識してないようで恋愛要素は思ったほどなかったが、今回は前回より上回るほどの珠華の白焰に対する思いがあった。 珠華がまじない師としてこれからどうありたいか…目標とする進路が決まったようです。 2022/09/03

10
伏線が色々と出てきたのでまだまだ続いてくれそうですね。今回は前回に比べてちょっとおとなしめですが、ちょっとずつ歴史が紐解かれ始めて面白かった。梅花は好きなキャラなのでこれからも出て来て欲しいな。しかし、珠華と白焰の仲が進展しなさすぎて歯痒い(苦笑)2022/06/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18826609
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。