ポプラ文庫<br> 夜が暗いとはかぎらない

個数:
電子版価格 ¥814
  • 電書あり

ポプラ文庫
夜が暗いとはかぎらない

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月24日 15時12分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 335p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784591170250
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

奇跡が起きなくても、人生は続いていくから。
『水を縫う』で話題沸騰の著者が贈る感動作!

大阪市近郊にある暁町。閉店が決まった「あかつきマーケット」のマスコット・あかつきんが突然失踪した。かと思いきや、町のあちこちに出没し、人助けをしているという。いったい、なぜ――? だが、その行動は、いつしか町の人たちを少しずつ変えていく。
いま最注目の著者が、さまざまな葛藤を抱えながら今日も頑張る人たちに寄りそう、心にやさしい明かりをともす13の物語。

内容説明

大阪市近郊にある暁町。閉店が決まった「あかつきマーケット」のマスコット・あかつきんが突然失踪した。かと思いきや、町のあちこちに出没し、人助けをしているという。いったい、なぜ―?だが、その思いがけない行動が、いつしか町の人たちを少しずつ変えていく。いま最注目の著者が、さまざまな葛藤を抱えながら今日も頑張る人たちに寄りそう、心にやさしい明かりをともす13の物語。

著者等紹介

寺地はるな[テラチハルナ]
1977年、佐賀県生まれ。2014年、『ビオレタ』で第4回ポプラ社小説新人賞を受賞し、翌年デビュー。20年、咲くやこの花賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

itico

80
寂れつつある「あかつき商店街」の周辺に住む登場人物の誰もが特別な人ってわけじゃない。でもひとくくりに「普通の人」と言うのとも違う。何だかなあ、ため息が出てしまったよ。しこりのようなものを胸に抱えているのは自分だけだと、いつの間にか思い込んでいたのかな。誰だって悩みのひとつやふたつはある。それでも生きている。内面はともかく、他から見たら普通に見えるくらいには、みんな頑張って生きているんだね。私もまだまだ大丈夫。明日も明後日も頑張れる。何気ない言葉が宝石のように輝いていて元気を貰えたよ。 2021/09/08

たるき( ´ ▽ ` )ノ

47
なんだかとても良かった。タイトルにも表紙にも心を惹かれ、買わずにはいられなかった。みんなそれぞれの人生を歩みながら、少しずつ影響し合っていたりして、微笑ましかったり胸が苦しくなったり・・・。あかつきんがいいアクセントになっていて和まされる(*´∇`*)素敵な作品に出逢えて嬉しかった♫2021/09/09

一華

29
閉店が決まっている寂れた商店街「あかつきマーケット」その町に住む人々の何気ない日常を綴った短編集。皆それぞれになにかしらの事情や悩み、生きづらさを抱えながらも懸命に生きている…なんとも切なく息苦しさも感じながらも、読後は、爽やかな暁天が広がるように感じられたような…みんなにエールを送りたい。2021/09/07

こゆび

23
連作短編集。朝が明るいとは限らないように、夜が暗いとは限らないように、笑いかけてくれるあの人に辛いことがないとは限らない。視界が悪く動きにくい着ぐるみを心にまとう私たちが見過ごしてきた相手の姿。誰かわからなくなりそうなほど大勢いた登場人物の悩みを少しずつ集めると、そこに私がいた。2021/07/02

さち@毎日に感謝♪

19
それぞれ葛藤を抱えながら生きている登場人物達の言葉が胸に刺さりましたが、あかつきマーケットのマスコット・あかつきさんを通してまた新しい日常を頑張って生きていこうする姿、また明日に希望があるというラストに心が暖かくなりました。まさにタイトル通りでした。2021/06/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18008870

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。