ポプラ文庫<br> かがみの孤城〈下〉

個数:
電子版価格 ¥858
  • 電書あり

ポプラ文庫
かがみの孤城〈下〉

  • ウェブストアに1134冊在庫がございます。(2022年05月17日 06時04分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 367p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784591169728
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

学校での居場所をなくし、閉じこもっていた“こころ”の目の前で、ある日突然部屋の鏡が光り始めた。
輝く鏡をくぐり抜けた先にあったのは、城のような不思議な建物。
そこには“こころ”を含め、似た境遇の7人が集められていた。
なぜこの7人が、なぜこの場所に――
すべてが明らかになるとき、驚きとともに大きな感動に包まれる。
生きづらさを感じているすべての人に贈る物語。
本屋大賞受賞ほか、圧倒的支持を受け堂々8冠のベストセラー。

内容説明

学校での居場所をなくし、家に閉じこもっていた“こころ”は、部屋の鏡をくぐり抜けた先にある城に通うようになる。そこで出会ったのは、境遇の似た仲間たち。7人それぞれの事情が少しずつ明らかになるなか、城の終わりの日が刻々と近づいてくる。鍵は見つかるのか、果たしてこの中の誰の願いが叶うのか―。ラストには驚きと大きな感動が待つ。本屋大賞受賞作。

著者等紹介

辻村深月[ツジムラミズキ]
1980年生まれ。2004年『冷たい校舎の時は止まる』でメフィスト賞を受賞してデビュー。『ツナグ』で吉川英治文学新人賞を、『鍵のない夢を見る』で直木賞を受賞。『かがみの孤城』が2018年本屋大賞第1位に。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

夢追人009

416
このレビューは全体を読み終えた後で書いておりまして、上巻で書いていない事を書きますね。こころは本当に繊細な女の子でご両親はとても辛抱強く娘を叱らずに長い間見守ってあげたなあと感心しましたね。もしこの物語で誰かが真実に気付いて鍵を見つけたら何かの願いが叶っただろうかと一瞬思いましたが、きっとそれは要らぬ心配で結局はこの結末しかなかったのだろうなと思い直しましたね。明らかにタイムパラドックスなのですが、ある重要人物の人生の進路が、この物語の最大のピンチの場面で仲間達に救われたからこそ成立しているのですからね。2021/11/05

けいご

325
誰かの悲しい記憶は時代が進めど変われど社会の何処かで作られそして積み上げられ続けるのだけれど、もしもその途中で少しでも光を見つけられたならそんな記憶もいつか誰かを悲しみから救う為の力に変えられるんじゃないかな?と言われた気がする1冊でした★小さくても少しでも光を与えられる人間(理解しあえる人間)になるには凄く凄く力不足だけれども人生まだ長げーんだから少しづつ近づけて行こうと思いました★誰かを想いやろうとする事は別の誰かの想いやりの気持ちを育む原動力になるからまずはそこからだね★2021/05/05

あきら

308
キャラクターの心情を丁寧に表現してあり、物語の世界に引き込まれました。 最後の最後まで驚きと感動があって、飽きさせない。 一気読みしてしまいました。2021/03/22

よしのひ

299
明日も仕事あるが、気になってしまい時間気にせず一気読み。下巻始まってすぐの展開に、先行き不安を感じたが「3月」が凄かった。伏線が1つだけでなく次から次へと湧いて出てくるので、途中休憩できる間もなかった。きっと読みこぼれた個所もあるだろうから、そこは再読して発見したいなという喜びもあり。…違和感の正体は薄々感づいていたけど、それも裏切るような結びで「あぁ出会えてよかった」と思えた作品。さて明日からも頑張ろう。2021/03/10

さーちゃん

251
素晴らしかった。後半の怒濤の展開は、目を離すことができずに一気読み。伏線回収がすごくて、全ての謎が明かされた時は鳥肌。そして涙が止まらない。最後はとても温かい気持ちになれた。助け合える仲間がいるっていいな。今闘っている息子にも、ぜひ読んでもらいたい。2021/07/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17555748

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。