ポプラ新書<br> サーキュラー・エコノミー―企業がやるべきSDGs実践の書

個数:
電子版価格
¥946
  • 電書あり

ポプラ新書
サーキュラー・エコノミー―企業がやるべきSDGs実践の書

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2024年04月22日 03時53分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 180p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784591167335
  • NDC分類 336.1
  • Cコード C0234

出版社内容情報

作って捨てる「一方向(リニア)」型経済から、使い続ける「循環(サーキュラー)」型経済へ。
これは、選ばれ続ける会社の「成長戦略」である。

本書では、ミシュラン、グッチ、アディダス、アップルなど、各業界を牽引する最先端企業による「SDGs実践の方法」「サーキュラー・エコノミーの取り組み」を紹介。環境と経済を有機的につなげ、まったく新しい発想で商品やサービスを生み出す、魅力的かつ野心的な取り組みを追う。


【目次】
序章  リニアからサーキュラーへ――新たなビジネスモデルと日本の現状
第1章 製品に「サービス」という価値を付加する
第2章 斬新な発想で、廃棄物の概念を変える
第3章 ゼロカーボンで覇権を争う米国の巨人たち
第4章 プラスチック、「責任ある消費方法」を模索する
第5章 「環境の破壊者」ファッション業界の変貌
第6章 リソース・ポジティブと食ビジネス
第7章 家具、寝具、信頼できる暮らしまわりの製品
第8章 紙の無駄にビジネスチャンスあり
終 章 日本の産業と、サーキュラー・エコノミーへの移行



【著者略歴】
中石和良(なかいし・かずひこ)
松下電器産業(現パナソニック)、富士通・富士電機関連企業で経理財務・経営企画業務に携わる。その後、ITベンチャーやサービス事業会社などを経て、2013年にBIO HOTELS JAPAN(一般社団法人日本ビオホテル協会)及び株式会社ビオロジックフィロソフィを設立。欧州ビオホテル協会との公式提携により、ホテル&サービス空間のサステナビリティ認証「BIO HOTEL」システムを立ち上げ、持続可能なライフスタイル提案ビジネスを手掛ける。2018年に「サーキュラーエコノミー・ジャパン」を創設し、2019年一般社団法人化。代表理事として、日本での持続可能な経済・産業システム「サーキュラー・エコノミー」の認知拡大と移行に努める。

内容説明

「サーキュラー・エコノミー(循環型経済)」とは、環境への負荷を最小限に抑え、同時に最大限の経済効果を得るための新しい経済・産業システム。企業におけるSDGsの実践方法としても注目を集めている。本書では、先端企業による業界別の取り組みを通して、新しい発想や仕組みづくりを提案する。

目次

序章 リニアからサーキュラーへ―新たなビジネスモデルと日本の現状
第1章 製品に「サービス」という価値を付加する―フィリップス/ミシュラン/エレクトロラックス/ダイキン工業
第2章 斬新な発想で、廃棄物の概念を変える―ナイキ/アディダス
第3章 ゼロカーボンで覇権を争う米国の巨人たち―グーグル/アップル/マイクロソフト/アマゾン/フェイスブック
第4章 プラスチック、「責任ある消費方法」を模索する―テラサイクル/ユニリーバ
第5章 「環境の破壊者」ファッション業界の変貌―ケリング・グループ/グッチ/プラダ/エルメス/ステラ・マッカートニー/ザラ/H&M
第6章 リソース・ポジティブと食ビジネス―スターバックス/ミツカングループ
第7章 家具、寝具、信頼できる暮らしまわりの製品―イケア/イワタ
第8章 紙の無駄にビジネスチャンスあり―グーフ
終章 日本の産業と、サーキュラー・エコノミーへの移行

著者等紹介

中石和良[ナカイシカズヒコ]
松下電器産業(現パナソニック)、富士通・富士電機関連企業で経理財務・経営企画業務に携わる。その後、ITベンチャーやサービス事業会社などを経て、2013年にBIO HOTELS JAPAN(一般社団法人日本ビオホテル協会)を設立。欧州ビオホテル協会との公式提携により、ホテル&サービス空間のサステナビリティ認証「BIO HOTEL」システムを立ち上げ、持続可能なライフスタイル提案ビジネスを手掛ける。2018年に「サーキュラーエコノミー・ジャパン」を創設し、2019年一般社団法人化。代表理事として、日本での持続可能な経済・産業システム「サーキュラー・エコノミー」の認知拡大と移行に努める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

はるき

14
 分かりやすい。企業イメージの為でもなんでもなく、利益を生み続けるためのサーキュラーエコノミー。色んな企業に続いて欲しいし、そういう会社を応援したい。2021/08/15

でんがん

6
最近流行りのサーキュラー・エコノミーについて、世界の企業の取り組みを中心にまとめられていた。日本では昔からやっていた3Rの海外版みたいなものでしょ?と思っていたが、そうではなかった。環境に配慮した持続可能な事業形態への移行が、幅広い分野で進んでいるのが分かった。それが出来ない企業は市場から淘汰されていくのでしょう。自分が勤める会社は大丈夫なのか、ちょっと心配になった。2021/05/15

わたなべ

5
サーキュラー・エコノミー(廃棄物の発生を生み出さない経済システム)について書かれた本。誤解されやすいリサイクル等とサーキュラー・エコノミーの根本の考え方の違いについて触れられている。SDGs実現のために必須の取り組みで、今後この考え方が日本でもより広まると主張されている(正直この本を読むまでは、海外企業の取り組みについては全く知らなかった)。サーキュラー・エコノミーのための5つのビジネスモデルの中では特に、「サービスとしての製品」を提供することで企業が製品の所有権を保つという点が、なるほどなと感心した。2021/05/20

Koji Harasawa

3
企業の存在価値が変わってきていることを感じているのだけれど、その思いが裏付けを持ったように思う。直線型の経済から、循環型への移行が図られている。具体的な例も豊富だし、その取り組みには得心のいくものばかりだ。資源を使うのではなく、還す。そういう経済活動に切り替えないと、地球も人ももたなくなるよね。良いタイミングで出会えた。2021/01/14

じゅんぺい

2
事例はなるほどという感じであったが、序盤のサーキュラーエコノミーの考え方は勉強になった。安直にリサイクルエコノミーとほぼ同義かなと思っていたが、根本となる考え方だけではなく、ただ単にリサイクルするだけでなく、どういう観点で製品設計していく必要があるのかよくわかった。2024/02/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16361009
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。