ポプラ新書<br> 感染症対人類の世界史

電子版価格 ¥946
  • 電書あり
  • 会員お一人様一点限り

ポプラ新書
感染症対人類の世界史

  • ※会員お一人様一点限り
  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 248p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784591167168
  • NDC分類 498.6
  • Cコード C0295

出版社内容情報

池上彰と増田ユリヤによる緊急出版! 
新型コロナウイルス感染拡大を歴史に学ぼう。
人類は感染症とどう向き合い、克服してきたか――?

これまで何度となく繰り返されてきた感染症と人類の闘い。
天然痘、ペスト、スペイン風邪……そしてコロナウイルス。
シルクロードの時代から人と物の行き来がさかんになり、
暮らしが豊かになるにしたがって、感染症も世界中に広がっていった。

感染症拡大で起きたデマや差別にどう対応してきたのか
日本の天平の大疫病の時に行われた復興政策とは
ヨーロッパを何度も苦しめペストは、社会構造を大きく変えた
死の前では貴族も農民も平等。感染症流行が影響を与えた芸術作品たち
コロンブスの新大陸発見の裏にある疫病とは

感染症の流行が、人類に問うてきたことから、
冷静に感染症と向き合う術を学ぶことができる。

生きる希望は歴史にあり!


第1章 シルクロードが運んだ病原菌
第2章 世界史をつくった感染症――天然痘
第3章 世界を震え上がらせた感染症――ペスト
第4章 感染症が世界を変えた――日本編
第5章 世界大戦を早めた「スペイン風邪」
第6章 人類の反撃始まる
第7章 今も続く感染症との闘い

内容説明

人類は感染症とどう向き合い、克服してきたか―。幾度となく繰り返されてきた感染症と人類の戦い。天然痘、ペスト、スペイン風邪…そして、新型コロナウイルス。シルクロードの時代から人と物の行き来がさかんになり、感染症も広がっていった。現代と変わらないような民族対立やデマの蔓延の一方で、人類史に残る発見もあった。感染症の流行が人類に問うてきたことから冷静に向きあう術を学ぶことができる。

目次

第1章 シルクロードが運んだ病原菌
第2章 世界史をつくった感染症―天然痘
第3章 世界を震え上がらせた感染症―ペスト
第4章 感染症が世界を変えた―日本編
第5章 世界大戦の終結を早めた「スペイン風邪」
第6章 人類の反撃始まる
第7章 今も続く感染症との戦い

著者等紹介

池上彰[イケガミアキラ]
1950年、長野県生まれ。慶応義塾大学卒業後、NHKに記者として入局。事件、事故、災害、消費者問題、教育問題等を取材。2005年に独立。2012年から16年まで東京工業大学教授。現在は名城大学教授

増田ユリヤ[マスダユリヤ]
神奈川県生まれ。國學院大學卒業。27年にわたり、高校で世界史・日本史・現代社会を教えながら、NHKラジオ・テレビのレポーターを務めた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あすなろ

76
奈良の大仏は、そういえば天然痘で乱れた世を鎮静化するために聖武天皇が建立したのだった。そうした感染症と歴史をサラッと勉強させてくれる本。振り返れば感染症を歴史上、多く出す中国。遣唐使・遣隋使が天然痘を運んだ。ニュートンの引力の発見もペスト流行下、自宅の庭で発見された。クリムトはスペイン風邪で亡くなった等。歴史は、戦争・革命・崩壊・疫病で変わる。そうしたことを俯瞰させてくれる一冊。ただ、それらはほぼ世界史や日本史の教科書に書かれていない。これは驚きなのである。2020/06/08

ミライ

47
池上さんの解説で、感染症についての本を読みたかったこともあり購入。本書は池上彰さんと増田ユリヤさんによる対談形式で、過去の感染症の歴史やコロナについて語った一冊。イタリアとイランにコロナ感染者が多いのは、中国の「一帯一路」の影響が大きく、過去もシルクロードを介して感染症が広まったという歴史があるそうだ。そのほか天然痘やスペイン風邪、ペストに関する解説はもちろん、日本における感染症の歴史も語られている。感染症の歴史は現代との共通点も多く、コロナ時代を生きるためのヒントがたくさんつまっていて勉強になった。2020/05/11

mintia

22
歴史は繰り返しので、歴史を学ぶ必要性を痛感した。感染症を通して歴史を勉強できた。現在の新型コロナウイルスに生きる自分にとって、目から鱗が落ちた。2020/07/21

KJ

18
人間も自然の一部である以上全部を支配可能と考えるのは驕りだ。故に無力な部分を自覚し謙虚である事が必要になる。技術が如何に進歩しても人間の振る舞いは変化しない。遥か昔に記された物語に対して生々しい共感を抱くのも其の証拠と言える。不確かな情報に惑わされデマを拡散し他者に責任を押し付け攻撃する。戦うべきは感染症という共通の敵であり人間同士が争う事で不要な悲劇を招いてはならない。冷戦下で米ソが協力して天然痘を根絶した事は心強い実例だ。恐怖から完全に逃れる事は不可能でも少し落ち着けるのなら歴史を知る事に意味はある。2020/06/26

ココロココ

17
いまこの時期だからと手にとった。歴史の中で、人間がどのように感染症とたたかってきたのかが書かれている。これから新型コロナとどのようにたたかっていけばいいのだろう。2020/05/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15745513

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。