ポプラ文庫<br> ナースコール!―戦う蓮田市リハビリ病院の涙と夜明け

個数:
電子版価格
¥660
  • 電書あり

ポプラ文庫
ナースコール!―戦う蓮田市リハビリ病院の涙と夜明け

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2024年06月17日 09時57分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 198p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784591160183
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

玲子が勤める病院に、プロ意識が高く技術もある女性療法士がやってきた。整っていたチームが乱れだし……。待望の続編。リハビリテーションは人生そのもの──

5年目に入り中堅看護師の立場になった玲子。チーム体制が整ってきた病院に、新しく、プロ意識が高く技術もある若い女性療法士が入職し、さまざまな摩擦が起こり始めた。良いチームとは何か? また、リハビリを強く希望する末期の患者に向き合い、悩む玲子たちは、また一歩前進する。
大反響の『ナースコール! こちら蓮田市リハビリテーション病院』続編!


装画 大庭賢哉

川上 途行[カワカミミチユキ]
著・文・その他

内容説明

5年目に入り中堅看護師の立場になった玲子。チーム体制が整ってきた病院に、プロ意識が高く技術もある若い女性療法士が入職し、さまざまな摩擦がおこり始めた。良いチームとは何か?悩む玲子たちは、また一歩前進する。現役医師が描くリハビリ病院ストーリー続編。

著者等紹介

川上途行[カワカミミチユキ]
1979年、東京生まれ。第1回ポプラズッコケ文学賞審査員賞を受賞し、受賞作『ぼくとあいつのトライアル』でデビュー。リハビリテーション科医師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ニカ

11
前作よりは読みにくい感じがしたけど、現場のリアルな感じが伝わってくる。2023/01/13

サケ太

11
リハビリという戦いは終わらない。患者様の生活に、心にどれだけ寄り添えるか。新たな職員、去っていく者、変わる環境の中で、それぞれの奮闘。それぞれの理想と向き合わなければならない現実。どこまで良くできるのか、どうすれば良くできるのか、機能だけを良くすることが正解なのか、というのはこの仕事をやってる上で大事なこと。2018/09/29

♪りんまま♪

9
1作目から数年後のお話。主人公の玲子と、リハビリ病棟から内科病棟へ移っていった純平の成長が感じられて良かった。2019/04/16

7
前作から数年後が舞台。恋愛模様も少なからずあった前作と異なり、今作はかなり本格的な回復期リハビリテーションを考える内容となっている。 レベルの高い病院からやってきたセラピストのギャップや指導、その有益性等、実際に現場にいる作家でないと書けないであろう内容が多く、関係者には頷ける箇所が多い。 一般の方には前作よりはやや難しいかもしれない。2018/12/29

2Tone

6
リハビリ病院の第2弾。関西の病院から転職してきた、まひろ、仕事意識も高く、技術もある。そんなまひろからしたら、周りが、なんとなく甘く見える。玲子や医師の太一とも噛み合わないところもあるが、患者を中心に気持ちや、考えた方に共通点も出てくる。医療に携わるだけに、厳しくもあるが、充実感も羨ましい感じもあります。今後の成長もますます楽しみになって来ました。2019/05/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13076500
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。