ポプラ新書<br> 仕事と人生に効く成果を出す人の実践・論語塾

個数:

ポプラ新書
仕事と人生に効く成果を出す人の実践・論語塾

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2020年07月11日 14時36分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 185p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784591159941
  • NDC分類 123.83
  • Cコード C0212

内容説明

「経営の柱」として、「人生の羅針盤」としてトップ経営者に愛される先人の教え。「礼」とは人の心を形にしたもの。「徳」とは正しいことを実行できる力。「論語」の明快な教えは、教育、経営において大きな財産をもたらしてきた。強い組織に必要なぶれない思考、自ら内省・研鑽する力を高める、リーダー必読の書。

目次

序章 実践のための論語とは
第1章 志を持つ
第2章 学びを楽しむ
第3章 自分を省みる
第4章 人を育てる
終章 経済と志の豊かな国へ

著者等紹介

安岡定子[ヤスオカサダコ]
1960東京都生まれ。二松学舎大学文学部中国文学科卒業。陽明学者・安岡正篤氏の孫。現在、「こども論語塾」の講師として全国各地で講座を開催するほか、企業やビジネスマン向けのセミナー、講演活動を行っている。著書多数。安岡定子事務所代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

稲盛和夫氏推薦! ビジネスワークの上で必要な指針や、心の拠り所となる哲学を、『論語』を通して体得する一冊です。経営の要諦「心を高める、経営を伸ばす」が理解できる好著――稲盛和夫氏推薦!
渋沢栄一翁が生涯心の拠り所とした「論語」。本書は、翁の精神に触れながら、「論語」をわかりやすく学ぶことができる優れた一冊である。――三村明夫氏推薦(日本商工会議所 会頭)

経営の柱として、人生の羅針盤として
多様に変化する時代、経営者に求められるのは、柔軟な精神と社会を見通す力、そして人を育てる力である。本書は、ビジネスワークの上で必要な指針や心の拠り所となる哲学を、『論語』を通して体得する一冊。講演、セミナーで特に人気の論語章句をテーマ別に取り上げます。

【目次】
序章 実践のための論語とは
第一章 志を持つ
第二章 学びを楽しむ
第三章 自分を省みる
第四章 人を育てる
終章 経済と志の豊かな国へ

【本文・序章より】
『論語』は、なぜこれほどまでに信頼され、愛されてきたのでしょうか。そこには普遍の原理があるからです。志を持つ。卑怯なことはしない。私利私欲を捨てる。社会貢献をする。年長者の言葉には耳を傾ける。言動は慎重にする。家族を愛する。当たり前のことばかりです。誰もが納得できる原理・原則で私たちに迫ってきます。苦境に立った時、迷いを生じた時、自信を失った時に、心の帰れる場所がそこにあります。

【著者略歴】
安岡定子(やすおか・さだこ)
安岡定子事務所代表。1960年東京都生まれ。二松学舎大学文学部中国文学科卒業。陽明学者・安岡正篤氏の孫。現在、「こども論語塾」の講師として全国各地で講座を開催するほか、企業やビジネスマン向けのセミナー、講演活動を行っている。『子や孫に読み聞かせたい論語』(幻冬舎)、『はじめての論語』(講談社)、『えんぴつで論語』『心を育てるこども論語塾』(共にポプラ社)など、著書多数。

安岡 定子[ヤスオカサダコ]
著・文・その他