ポプラ文庫ピュアフル<br> 一鬼夜行 鬼の嫁取り

個数:
電子版価格
¥748
  • 電書あり

ポプラ文庫ピュアフル
一鬼夜行 鬼の嫁取り

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年05月21日 12時33分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 348p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784591159347
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

「俺と夫婦になってください」鬼の求婚で新たな事件が――。あたたかな涙が流れるやさしい明治人情妖怪譚シリーズ第10弾!「俺と夫婦になってください」
鬼の求婚で新たな事件が――。
累計30万部超、あたたかな涙が流れるやさしい明治人情妖怪譚!

永遠の命を授ける謎の妖怪アマビエが、再び江戸に出没した――
古道具屋「荻の屋」の主・喜蔵と妖怪相談処を営む小春は、
河童の棟梁・弥々子の頼みで、アマビエの鱗を探すことに。
その帰り道、喜蔵は想いを寄せる綾子が、見知らぬ男といる場に出くわし動揺する。
それぞれの想いが交錯する中、喜蔵と小春は大きな決断を下すことに――。
明治人情妖怪譚シリーズ第二部、感動と感涙の完結編!

小松 エメル[コマツエメル]
著・文・その他

内容説明

永遠の命を授ける謎の妖怪アマビエが、再び江戸に出没した―古道具屋「荻の屋」の主・喜蔵と妖怪相談処を営む小春は、河童の棟梁・弥々子の頼みで、アマビエの鱗を探すことに。その帰り道、喜蔵は想いを寄せる綾子が、見知らぬ男といる場に出くわし動揺する。それぞれの想いが交錯する中、喜蔵と小春は大きな決断を下すことに―。明治人情妖怪譚シリーズ第二部、感動と感涙の完結編!

著者等紹介

小松エメル[コマツエメル]
1984年東京都生まれ。母方にトルコ人の祖父を持つ。國學院大學文学部史学科卒業。2008年、ジャイブ小説大賞初の「大賞」を受賞した『一鬼夜行』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Aya Murakami

54
ツイッターフォロワーさんおススメの本ということでアマゾンで購入。 ひとことでいうと明治の世なのに神話の時代の神々の戦いという感じですね。墜ちた水神が暴れている描写を読みながら先日の西日本集中豪雨のことを思い出しました。 後は自分にふさわしくない行為をするにはそれ相応の覚悟が必要という内容にナルホド。好きでもないことをするのは苦痛ですからね…。2018/08/05

26
う~ん、混乱しながら読みました(^^;小春と一緒かも。最後は、良かった良かったってことで。第二部完了ってことで、次の部は完結してから手にしようかなぁ。2018/09/05

とりこ

17
一鬼夜行シリーズ第10弾!タイトル通りの話だったんですが感動しました😢小春今回もハラハラしました。弥弥子の頭を抱える姿が目に浮かぶようです✨まだシリーズが続くそうで楽しみです♪2023/03/29

16
全体が大きく動いていたから、ドキドキで一気読み。2018/08/30

小梅さん。

16
素晴らしい大団円。 鬼って喜蔵?と思いながらわくわくと。 でも、途中で、え?となり。 みんなが、色んな思惑を持って動くし、綾子の過去は衝撃だし。 どどどんっとド派手なクライマックス。 それぞれに傷を負って、大きな戦いは終焉へ。 これで第2部が完結なんて、すぐにも続きが読みたいのに。あー。待ち遠しい。2018/08/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12984631
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。