シャバはつらいよ

個数:

シャバはつらいよ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月05日 16時09分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 217p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784591140826
  • NDC分類 916
  • Cコード C0095

内容説明

「生存崖っぷち」の難病女子が、病院から飛び出した!家族や友達を頼らずに、どうやって生きる?シャバでデートしたい(?)一心で、病院を「家出」したものの、新居のドアは重くて開かず、コンビニは遙か遠く、通院は地獄の道のり、待てど暮らせど電動車いすは来ず…。そして迎えた2011年3月11日。知性とユーモアがほとばしる命がけエッセイ第2弾!

目次

門の中
シャバの初夜
在宅の夏、試練の夏
2010年、うちゅうじんとの遭遇
腕、流れる
「福祉」は引き算の美学!
つぶやけば、人にあたる?
先生には、ヒ・ミ・ツ
はじめての、年越し
書かなきゃ、書かなきゃ、書かなくちゃ
ゆ・れ・る
お役に、立ちたい
シャバが、好きだよ

著者等紹介

大野更紗[オオノサラサ]
1984年、福島県生まれ。作家。上智大学外国語学部フランス語学科卒業。ミャンマー(ビルマ)難民支援や民主化運動に関心を抱き大学院に進学した2008年、自己免疫疾患系の難病を発症。その体験を綴ったデビュー作『困ってるひと』(ポプラ社)がベストセラーになる。2012年、第5回「(池田晶子記念)わたくし、つまりNobody賞」受賞。2013年より明治学院大学大学院社会学研究科社会学専攻博士前期課程(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

紫 綺

137
私も8年前、突如難病になった。更紗さんと同じく自己免疫系の病。全身麻痺で、呼吸も出来なくなり、気管切開して人工呼吸器のお世話に・・・。何度もう死ぬ、死にたいと思った事か。更紗さんは読む人が重くならないよう、面白おかしく書いているところがあるが、その影には何千倍、何万倍の苦痛があるのだろう。それでも他人の役に立ちたいと足掻いている。気概だけでも見習いたい。2015/05/02

starbro

110
常に前向きに生きる女性の闘病記で逆に元気を貰えます。但し、難病のイメージがしずらいのと、あまりにも元気すぎて、異性ということもあり、感情移入ができないのが難点かな?またタイトルももう一工夫あった方が良いと思います。2014/12/12

ひめありす@灯れ松明の火

109
囲われた井の中の蛙になりたくなくて、困っている顔で泣いているだけではいられなくて、難病女子が病院を飛び出した!この方、私にとっては後輩だけど先輩で、でも先輩だけど後輩でだから学校大丈夫かな~?と要らない心配をしてしまいました。個人的には経済的に自立の術がない侭の一人暮らしはどうかなあと思って入るのですが。シャバは漢字で書いたら娑婆。さらさらと何も掴めない砂みたいに突如猛威をふるう波のように、防いだり守ったり出来ない現実は重たくのしかかるけれどそれをよいこらと電動車椅子で持ち上げて、難病女子は今日も行くのだ2015/08/21

おくちゃん🎋柳緑花紅

89
「困ってるひと」の続編。そのバイタリティ、行動力、向上心にただただ尊敬します。「おわりに」を読んでいて文字が霞んで見えなくなりましたあなたが生きていてくれて良かった。孤独でぼろぼろになっても進むしかないと言い切るあなた、自分の身体だけでも大変なのに、役にたちたいと行動するあなた、自身の経験から、そして困っている誰かの為に社会保障のシステムを大学院で研究しようとしているあなた、図書館本で読みましたが、買います!!またお会いできますよね。大野更紗さん♪2015/04/30

しゅわ

85
【図書館】病院から飛び出した難病女子が、どうやって生きてゆけるか?深刻な状況なのにユーモアあふれる闘病記で笑い飛ばしちゃう!?『困っているひと』の続編は、退院してからの三年弱…東北大震災を乗り越え、困っている人の立場からの発信や、社会保障システムの研究のための大学院再入学、そして本の出版までを描きます。生きているのが精一杯!?な状態なのに、それを糧に研究、社会を変えよう!というバイタリティがすごいです。震災の時、悲痛な叫びにこたえて 見返りもなく助けてくれた人達のエピソードにはホロリとしますね。2014/11/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8103401

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。