ポプラ社ノンフィクション<br> 戦争がなかったら―3人の子どもたち10年の物語

個数:

ポプラ社ノンフィクション
戦争がなかったら―3人の子どもたち10年の物語

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年11月18日 12時33分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 189p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784591136539
  • NDC分類 K367
  • Cコード C8095

内容説明

砲弾で右手を失った6歳の少女ムス。少年兵にされた13歳のモモと14歳のファヤ。戦争は、子どもたちから何を奪っていったのでしょう?報道カメラマン・高橋邦典が、アフリカの小さな国リベリアの戦場で出会った子どもたちの10年間を描きます。

目次

モモ―十三歳の兵士
リベリアとぼく
ムス―右手を失った少女
ファヤ―「クイック・トゥー・キル(早殺し)」とよばれて
戦争がのこしたもの

著者紹介

高橋邦典[タカハシクニノリ]
1966年宮城県生まれ。1990年渡米。ボストン・ヘラルド紙、シカゴ・トリビューン紙で勤務後、2009年からフリーランスとしてインド/ムンバイに拠点を置き、活動している。World Press Photo Picture of the Year Internationalなど受賞多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件