ポプラ物語館<br> わたしのひよこ

個数:

ポプラ物語館
わたしのひよこ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月01日 19時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 149p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784591134665
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8093

出版社内容情報

ガマンすれば、ともだちになれる? ムリヤリ笑えば、ともだちでいられる? 現実と理想の自分像のなかで揺れうごく少女の心…。

ガマンすれば、ともだちになれる?
ムリヤリ笑えば、ともだちでいられる?

オシャレでかわいい憧れのクラスメートと、、頑張ってともだちになったけれど、むりしてともだちになったみたいで、毎日心が落ちつかないひな子。
そんなひな子を、いつもなぐさめてくれたのは一匹のひよこだった。ずっと一緒にいられるって思っていたのに…。

小学生の女の子の、ともだちとの関係、命の関係を描く物語です。

内容説明

わたし、ひな子。小学校4年生。「どうでもいい人」なんてクラスメートにいわれちゃって、ちょっとまいってる。でもね、わたしにはぴーころがいるから。ずっといっしょだから。なにがあったって、だいじょうぶ!…だと思う…。ともだちの作り方と続け方。

著者等紹介

礒みゆき[イソミユキ]
栃木県生まれ。東京女子大学短期大学部卒業。造形作家、舞踏家を経て、絵本・童話・紙芝居作家になる。紙芝居『ねんね ねんね』で高橋五山賞審査員特別賞を受賞

ささめやゆき[ササメヤユキ]
東京都生まれ。ベルギー・ドメルホフ国際版画コンクールにて銀賞を、『ガドルフの百合』で小学館絵画賞を、『真幸くあらば』で講談社出版文化賞さしえ賞を、『あしたうちにねこがくるの』で日本絵本賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

しずか

18
娘も大人しくて「影が薄い」なんて友達に言われてしまう。歳も近いし、主人公とかぶるところがあるなと思って、図書館で借りてきました。女の子同士のちょっと面倒な派閥や、あの子みたいになりたい…といった願望、憧れなど、小学校高学年は親が思っている以上に多感な時期なんですね。自分が自分らしくいるのって、想像以上に難しいのかも…?小さな命で、大切なことを教えてくれたぴーころ。後悔して後悔して、自分を責めるひな子がかわいそうでなりませんでした。そんなひな子をわかってくれるはる子ちゃん。ずっといいお友達でいてほしいです。2014/10/12

tamago

4
大人しくて目立たない主人公。クラスの他者紹介で、誰も紹介してくれなかった。さらには「どうでもいい人」とからかわれる。身の置き場がない主人公の唯一の救いは、夜店の屋台で買ったヒヨコ。ところがある時から、憧れていた、クラスで1番目立つグループに入れてもらえるようになる。嬉しくなり、嫌われないように嫌われないにと行動する少女の気持ちが痛いほど分かる。最後の方は、思わず泣いてしまった。2017/05/19

れたこ

4
失ってからでは遅い、流されるな、何が大事か見極めろ!私もナオミたちのようなグループに認められたくて、幼なじみを無視した小学校時代がある。結局どっちにも居場所はなくなって、取り戻せなかったけど。10年以上こびりついている感情。多分一生剥がれない。2013/07/19

ろうず

3
友だちになるために、自分をつくっていくってつらいと思う。どんな場面でも自分らしさを強くもち続けることができるはる子は、華やかさを求めるグループからは疎遠にされるが、本当に大切なものに気づいているのだと思う。 ひなこも悩みながら大切なことは何かに気づいていく。2013/10/27

PINGE

2
思春期はじまりの小学4年生の忘れている心を追体験 こどもはバカだと簡単に言い捨てられないところもあるよねぇ いじめはダメだとか何とか上から言うよりこういう本をたくさん読む方が効き目があるよね2013/10/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6472674

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。