Teens’ best selections<br> 春へつづく

個数:
  • ポイントキャンペーン

Teens’ best selections
春へつづく

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年12月17日 19時31分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 203p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784591134412
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8093

内容説明

卒業式の朝だけ、願い事を叶えてくれる「あかずの教室」の扉がひらく―一日も早く大人になりたいと願う中一女子、修学旅行で人生初の告白をしようと奮闘する中三男子、自称“本の森の番人で千二百歳”の司書の先生…不思議なジンクスが伝わる中学校を舞台に繰り広げられる、切なくて温かい八つの物語。

著者紹介

加藤千恵[カトウチエ]
1983年北海道生まれ。立教大学文学部日本文学科卒業。2001年、短歌集『ハッピーアイスクリーム』で高校生歌人としてデビュー。現在は、小説、詩、エッセイなど、様々な分野に活躍の幅を広げている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

卒業式の朝だけ、願い事を叶えてくれる
「あかずの教室」の扉がひらく――
そのときあたしは何を願うんだろう

一日も早く大人になりたいと願う中一女子、
修学旅行で人生初の告白をしようと奮闘する中三男子、
自称“本の森の番人で千二百歳”の司書の先生……

不思議なジンクスが伝わる中学校を舞台に
繰り広げられる、切なくて温かい八つの物語。



「昨日、お姉ちゃんに聞いたんだけどね」
 そう言って小声のまま伝えてくれた噂の内容とは、
卒業式の日の朝、普段は鍵がかかっているはずのあかずの教室が開いているので、
そこに行き、窓の外に向かって願い事を唱えると叶えられる、というものだった。
願うときのポーズも決まっているけれど、それがどんなポーズかまではわからないらしい。(本文より)

一年一組・嶋野知咲 
三年二組・小久保雄飛 
コンビニパート・森住響子 
二年一組・鳥井悠乃 
二年二組・末次杏奈 
一年二組・村中槙人 
学校司書・牧野実知花 
三年一組・竹部真織  
あとがき