生きざま―私と相撲、激闘四十年のすべて

  • ポイントキャンペーン

生きざま―私と相撲、激闘四十年のすべて

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 221p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784591131787
  • NDC分類 788.1
  • Cコード C0095

内容説明

相撲道、人生哲学、若貴ブーム、家族のこと…「土俵の侍」がそのすべてを初めて明かす、衝撃の自伝。

目次

第1章 父の引退、そして相撲を始める
第2章 相撲に生涯を捧げる決意
第3章 不撓不屈―雑草のように生きる
第4章 不惜身命―横綱という栄光の光と影
第5章 親方となる、そして父との別離
第6章 相撲への恩返し

著者等紹介

貴乃花光司[タカノハナコウジ]
本名、花田光司。1972年8月12日、東京都杉並区出身。二子山部屋(当時は藤島部屋)に入門当時からその優れた素質が話題となり、数々の最年少記録を打ち立てた。生涯戦歴は、七九四戦二六二敗。幕内優勝二十二回、殊勲賞四回、敢闘賞二回、技能賞三回など第六十五代横綱として数多くの記録を残す。現在は一代年寄・貴乃花として貴乃花部屋の師匠を務め、財団法人日本相撲協会理事および地方場所(大阪)担当部長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

沈黙の美学を貫いてきた最後の日本人横綱・貴乃花が40歳を機についに語る。相撲道、人生哲学、若貴ブーム、家族のこと……。

貴乃花、
衝撃の自伝!

相撲道、人生哲学、若貴ブーム、
家族のこと……

そのすべてを初めて明かす!

***************
(本書より)

私は横綱になるという父の夢を果たすため、
父の分け身としての人生を歩んできた。
角界入りしてから今日まで、
私の中には常に父の言葉が、
父の魂があった。

父が逝って七年の月日が経ち、
私も四十歳、不惑の年を迎えた。
「不惑」などという言葉が悪い冗談に思えるほど、
もがき、あがき、闘い続ける日々を送っている。

これからも、こうして生きていくのか?
ふと、自分に問いかける。
もちろん、簡単には答えは出ない。

その前に、本を書くことで自分の半生を
振り返ってみようと思った。
ひたすら前だけを見つめて生きてきた。
そろそろ振り返って、
次の一手を考えるときかもしれない。

第一章 父の引退、そして相撲を始める

第二章 相撲に生涯を捧げる決意

第三章 不撓不屈?雑草のように生きる

第四章 不惜身命?横綱という栄光の光と影

第五章 親方となる、そして父との別離

第六章 相撲への恩返し