ポプラ文庫
教科書に載った小説

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 206p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784591131169
  • NDC分類 913.68
  • Cコード C0190

出版社内容情報

三浦哲郎『とんかつ』、永井龍男『出口入口』など、国語教科書から厳選した目がぱっと明るく開ける「面白い」小説12編。

内容説明

宿泊する不審な親子を見つめた三浦哲郎の『とんかつ』、差出人のない小包が届く『絵本』、古今著聞集から採った『竹生島の老僧、水練のこと』…。「成長する道程に置いておくので読んでほしい」という願いで教科書に載せられた作品を、さらに「面白い」を基準に編んだアンソロジー。

著者等紹介

佐藤雅彦[サトウマサヒコ]
1954年、静岡県生まれ。東京藝術大学大学院映像研究科教授及び、慶應義塾大学環境情報学部客員教授。独自の方法や考え方で、映像、グラフィック、教育、脳科学と表現の研究など、分野を超えた活動を行っている。平成二十三年度芸術選奨受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

アキ

84
教科書に載る小説にはある共通点がある、と編者の佐藤雅彦は言う。あとがきで彼の教科書に対する思い入れがわかるが、12篇の短編全てが面白い。特に「とんかつ」三浦哲郎「絵本」松下竜一「形」菊池寛「良識派」安部公房「父の列車」吉村康「蠅」横光利一「雛」芥川龍之介など。面白いとは、どれもある箇所に来ると、目の前が俄かに開け、世界が明るくなったように感じてしまうこと。それは悲しい物語であっても物事が明確になることに相違ないのです。12篇其々明るくなり方があります。それは誰かが人が育つ過程で読ませたかった小説なのです。2021/01/03

桜もち

59
『面白い』の語源は目の前がにわかに開け、世界が明るくなったように感じる状態らしい。この小説群はそれぞれ短いながら没頭してしまい、読後は電車を見送るみたいな寂しい気持ちになり、その代わり次々と別の教科書小説が繰り出されるから、たまらないです。国語の教科書の小説って、確かにおもしろかった。自主的に次々と教科書を小説ばかり選んで先読んだもん。大人になった今、要約しなさいとか、主人公の心情を100字でとかそんなものに余計な頭使わず世界に夢中になれる。『絵本』と『父の列車』は泣け、『ベンチ』は二度読んだ。2016/02/14

藤森かつき(Katsuki Fujimori)

43
広津和郎の誕生日に。頃合いの本を見つけられなかったので、他の作家と共に集められた中から短編を読んでみた。広津和郎「ある夜」短くて驚く。しかもゲジゲジの話。けれど何気に深い話なのかもしれず、とても印象に残った。来年の誕生日には全集の分厚いのに挑戦しようと思う。切ない話が多かったが、他の方々の話もどれも面白かった。でも教科書で読んだ記憶は一つもないな。松下竜一「絵本」なかなか泣かせる内容で謎も残る。深く感銘を受けた。他には横光利一「蠅」がよかった。芥川龍之介「雛」のラストに記された書き上げた理由に胸が痛んだ。2019/12/05

えむ女

24
いかにも教科書に載ってそうな(実際載ってたんですけど)短編を集めた本。「作者の言いたかったことは?」とか「棒線は何を指すのか?」とか問題が出そうなどこか曖昧で情緒的で行間に時間が流れているような文章ばかり。教科書をもらってすぐに面白そうな長文を読んでいた頃を思い出し、その頃の家族を思い出した。教科書に載った小説は本が好きになったきっかけの一つかもしれない2012/11/21

ろくでなし@ぐーたら中

23
61点 勝手ながらその昔、教科書で取り上げられるようなモノに少なからず抵抗感を持っていた。ソコに在ったのは"教材"というモノに対する反発めいた、どなたかの思惑には乗らんしというような、思えば浅はかでチンケなお子ちゃま的バイアスというか中二的強がり。それを改めてお詫びしたい。今なら素直に感じられる。選ぶ際に込められた『誰かが、人が育つ過程に於いて通過させたかった小説』という本来の思いを。あの頃ちゃんと"読む"ことができなかった、響く小説がここには編まれている。「絵本」「少年の夏」「蠅」の3つが個人的fav。2014/04/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5349898

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。