ポプラ文庫<br> 職業外伝 白の巻

個数:
  • ポイントキャンペーン

ポプラ文庫
職業外伝 白の巻

  • 提携先に2冊在庫がございます(2017年11月24日 22時13分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 279p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784591131145
  • NDC分類 366.29
  • Cコード C0195

内容説明

日本には今にも消えてしまいそうな職業がこんなにたくさんある。イタコ、映画看板絵師、鵜匠、荻江流家元、琵琶盲僧、蝋人形師、チンドン屋、流し…絶滅寸前の8つの職業と、それに携わる人々を生き生きと描き出した傑作ルポルタージュ。

目次

イタコ―日向けい子
映画看版絵師―大下武夫
宮内庁式部職鵜匠―山下純司
荻江流二代目家元―荻江寿友
琵琶盲僧―永田法順
蝋人形師―松崎覚
チンドン屋―堀田祐子
流し―マレンコフ

著者紹介

秋山真志[アキヤママサシ]
1958年、東京生まれ。明治大学卒業後、出版社勤務を経てノンフィクションライターとなる。2008年、『寄席の人たち』で、第21回尾崎秀樹記念・大衆文学研究賞(評論・伝記部門)を受賞。横浜商科大学非常勤講師。日本文藝家協会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

絶滅寸前の職業と、それに携わる人々の姿を生き生きと描いて反響を呼んだルポルタージュ、待望の文庫化! 紅の巻、白の巻同時刊行。

その仕事、絶滅寸前! 絶滅前に会いたい!

絶滅危惧が懸念される「職業」を追ったルポルタージュ『職業外伝』待望の文庫化!
「紅の巻」「白の巻」同時刊行、紅白どちらから読んでもおもしろい!

「白の巻」ではイタコ、映画看板絵師、鵜匠、蝋人形師、チンドン屋、流しなど8つの職業とそれに携わる人々を紹介。
その仕事を「天職」として情熱をもって働く姿を生き生きと描き出している。

【イタコ】            日向けい子     イタコになって自分が変わった
【映画看板絵師】      大下武夫      顔の表情を決める15分間が勝負
【宮内庁式部職鵜匠】   山下純司      鵜が人を育て、鵜飼は日本人の心を育てる
【荻江流二代目家元】   荻江寿友      たどり着くことのないのが芸の世界
【琵琶盲僧】         永田法順      365日歩きつづける最後の琵琶盲僧
【蝋人形師】         松崎 覚       共同幻想をカタチにする
【チンドン屋】         堀田祐子      昔のチンドンを再現したい
【流し】             マレンコフ       ”ゴールデン街の伝説”は芸歴60年

あとがき

文庫版追記 それぞれのその後