恐怖通信 鳥肌ゾーン〈1〉コックリさん

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 159p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784591130971
  • NDC分類 K388
  • Cコード C8093

出版社内容情報

『恐怖通信 鳥肌ゾーン』の「入場」ボタンをクリックしてあらわれたのは、全国からよせられた、本当にあった怖い話の数かずだった。

内容説明

真夜中に目をさましたぼくは、父親の仕事部屋にしのびこむと、机のうえであやしげな光をはなつ、パソコンの方へひきよせられていった―。画面を見ると“恐怖通信鳥肌ゾーン”のトップページ。「入場」ボタンをクリックしてあらわれたのは、全国各地からよせられた、背筋も凍る恐怖体験の数かずだった…。

著者等紹介

東雅夫[ヒガシマサオ]
1958年、神奈川県生まれ。アンソロジスト、文芸評論家。2011年、『遠野物語と怪談の時代』(角川学芸出版)で日本推理作家協会賞受賞

にじぞう[ニジゾウ]
1991年、千葉県生まれ。首都圏の美術系大学に在学中。絵画を専攻し、最近では版画にも取り組んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

アルカリオン

9
息子のリクエストで借りてきました。息子が裏表紙を上にして置いていたのを何気なくひっくり返しておいたところ、「怖い方むけないで!」とキレられました…。2021/05/28

澤水月

7
子供の怖い本(だけかもw)読解力をナメちゃいかん。私達は11歳で荒俣宏「世界の恐怖怪談」を奪い合い貪り読んだ。ラブクラフト、ビアス、マシスン…児童書体裁だが全くお子様臭はなく「ギャッ世界のごう問集」の平仮名くらい(笑)。さて本書は少しお子様意識強すぎかな?創作臭いのもあり…だが黒木、黒ら竹の実話怪談勢はさすがに上手い、特に松村、伊計は物凄い白眉!容赦ないし泣かせる。安曇が山以外の怪談なのも驚き。最終作が怖い系でなくエピローグとの齟齬残念。でも総じて力作。荒俣本の如くこれ読み未来の怪奇者が誕生せんことを望む2013/02/15

ぶうたん

4
このシリーズは東氏の繋がりか、角川、メディアファクトリー系の怪談作家が寄稿しているので見逃せない。滅多に児童書は買わないので買いもらしが多いんだよね。内容は子供向けなので大人が読んでも面白いものとかまちまちではある。2015/04/19

紅独歩

4
子供の頃、学級文庫の中にあった「手に触れただけでなにかヤバイ感じ」の一冊。この本が子供たちにとって、そんなトラウマ本になるといいなあ。最近はビジュアルがサービス過剰なので、ぜひ自分の想像力で怖がるという経験をして欲しいものだ。その恐怖の刺激は脳細胞のニューロンの働きを活性化させ、学力もアップ!……するかもしれない。2012/10/15

灰月弥彦

2
怪談えほんシリーズ(岩崎書店)の次はこのシリーズと着実に怪談エリートコースが整えられてきていますね2013/02/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5349911

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。