ポプラ文庫ピュアフル<br> 刺のある樹―仁木兄妹の事件簿

個数:

ポプラ文庫ピュアフル
刺のある樹―仁木兄妹の事件簿

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年10月22日 15時10分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 284p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784591130780
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

ミステリマニアの仁木兄妹の下宿に、命を狙われているという男が相談に訪れて・・・。凸凹コンビの推理が冴えわたる人気シリーズ!

内容説明

ミステリマニアの仁木雄太郎、悦子兄妹の下宿に、ひとりの紳士が相談に訪れた。このところ不可解な出来事に次々と見舞われ、命を狙われているのではないかと脅えているらしい。ふたりが調査に乗り出した矢先、紳士の妻が何者かに絞殺されるという事件が起き…。息もつかせぬ展開、二転三転する推理合戦の行方は?「日本のクリスティ」と呼ばれた著者による好評シリーズ第四弾。

著者等紹介

仁木悦子[ニキエツコ]
1928年東京都生まれ。4歳で胸椎カリエスと診断されて、歩行不能の生活を送る。20代半ばから執筆を始め、57年『猫は知っていた』で第3回江戸川乱歩賞を受賞。81年『赤い猫』で第34回日本推理作家協会賞短編賞を受賞。爽やかな読後感の作風で人気を博し、本格派女流推理作家の先駆けとなる。86年逝去。大井三重子名義で童話も発表し、『水曜日のクルト』(偕成社文庫)などの著作がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ごへいもち

29
読友さんご紹介。あとがき部分の作品ノートが興味深かった。著者はミステリを書こうと思ったが書けなかった。100冊のミステリを読破した1年後には書けたとのこと。読んだミステリの犯人を変えて構想を練ったり家族と感想や批評を言い合ったりしていたそうだ。私のようにたくさんの本を読み飛ばしていたら雑学知識が蓄積するだけ。(コメントに続く2014/09/05

roomy

28
今まで読んだ中で一番好きな作品。最後のページで兄のシャボテンへの愛がすごい。笑 2015/02/05

hydrangea

28
作品が書かれた時代は古いものの、その昭和の雰囲気を感じて愉しめる良質なミステリだと思う。ミステリマニアの兄と好奇心旺盛な妹のチームワークは読んでいて素直に面白い。そして仁木さんの作品が古臭さを意識させないのは、人間の本質・裏の部分を描き出している点にあるからではないか。タイトル「刺のある樹」の意味を知ると、決して子供のみならず、寧ろ大人に一読頂きたい内容になっています。小学校の図書室で少年探偵団シリーズを読んでいた時間を思い出すイメージでしょうか。毎巻、綺麗な装丁も楽しみの1つです。2014/02/02

Yu。

21
それはいつもの如く(頭脳の)兄と(足の)妹の他愛のない会話の最中に起こるのである。。で今回の依頼は何者かに命を狙われたある夫婦の夫からのSOSなのだがまさにそんななか妻が殺されてしまうというところから始まる仁木兄妹の事件簿の長篇シリーズ第三弾。‥練りに練られた驚きのトリックで我々を慄かせた『猫は知っていた』から比べると少々大人しめな創りとなってはいるが、そのぶん魅せる読ませる本格推理がググッと読む者を惹き付けます。2017/01/09

ホームズ

19
読みやすく面白いな~(笑)殺人事件の真相としては結構分かりやすいけど(笑)このシリーズには登場人物表が無いのが不満だな~。そんなに登場人物は多くないけどミステリには入れてほしいな~(笑)表紙の絵がいいな~(笑)2012/10/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5248709

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。