西本鶏介児童文学論コレクション〈3〉文学のなかで描かれる人間像、児童文学の歴史・民話論

個数:
  • ポイントキャンペーン

西本鶏介児童文学論コレクション〈3〉文学のなかで描かれる人間像、児童文学の歴史・民話論

  • 西本 鶏介【著】
  • 価格 ¥3,132(本体¥2,900)
  • ポプラ社(2012/08発売)
  • プレミアムフライデーポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 58pt
  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 446,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784591130483
  • NDC分類 909
  • Cコード C8095

目次

文学のなかで描かれる人間像―有名作家が描いた子どもの姿
文学のなかの子ども(未熟な愛―樋口一葉『たけくらべ』;感情で学ぶ性―森鴎外『ヰタ・セクスアリス』;愛すべき母―夏目漱石『硝子戸の中』;小さな詩人―中勘助『銀の匙』 ほか)
民話論(民話と子ども;怖い鬼からやさしい鬼へ―神話・説話・民話・童話をめぐって;妖精的人魚と妖怪的人魚―世界の伝説・メルヘンをめぐって;名作童話のオリジナリティーを問う―「おやゆび姫」(アンデルセン)と「牛女」(小川未明)をめぐって ほか)〔ほか〕

著者紹介

西本鶏介[ニシモトケイスケ]
本名・敬介。1934年、奈良県に生まれる。国学院大学文学部文学科卒業。文教大学、玉川大学、東京学芸大学講師などを経て昭和女子大学教授となる。現在は名誉教授。長年、日本童話会賞、小学館文学賞、毎日こどもしんぶん童話賞などの選考委員をつとめ、現在も坪田譲治文学賞、椋鳩十児童文学賞などの選考委員をつとめる。著書は各ジャンル(童話・絵本・伝記・民話集)にわたって600冊余を数える(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

「赤い鳥」に掲載された作品や、子どもが主人公の作品と児童文学の歴史と民話についての評論。