ポプラ文庫ピュアフル<br> 祈祷師の娘

個数:

ポプラ文庫ピュアフル
祈祷師の娘

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月22日 10時52分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 236p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784591130162
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

血の繋がりのない家族と暮らす春永。自分だけが枠の外にいるような淋しさに、ある日、生みの母親を訪ねることに。『きみはいい子』の

内容説明

祈祷師の家に暮らす中学生の春永は、父親とも母親とも血の繋がりがない。実の娘である姉の和花とは違い。自分だけが血が繋がっていないということを自覚し始めた春永は、なんとも言えない所在なさを感じるようになる。複雑な想いを抱えきれなくなった春永はある日、生みの母親を訪ねることに。そこで春永が目にしたあるものとは…。話題作『きみはいい子』で注目を集めている著者による隠れた感動作、待望の文庫化。

著者等紹介

中脇初枝[ナカワキハツエ]
1974年、徳島県生まれ、高知県育ち。高知県立中村高等学校在学中に、小説『魚のように』で第二回坊っちゃん文学賞を受賞しデビュー。1996年、筑波大学卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

dr2006

48
中脇さんの作品には筆力に加え文章に隠された謎の吸引力がある。祈祷師の娘というタイトルで引き込まれるなんて言うと、ヤバい系ではと思われるかもしれないが、そういう意味ではない(笑)祈祷師は母方直系血族の遺伝で承継する為、離婚後に血の繋がりの無い父の実家に引き取られた春永は、主人公なのに祈祷師にはなれない。その祈祷師の家には直系で力を受け継ぐ和花が居る。多感な中学生の春永は特殊な家庭環境への風当たりや家族の中での所在なさに悩む。複雑な思いを醸成させる春永を主人公にしたことで、葛藤する心理描写が瑞々しく引き立つ。2018/03/07

kishikan

40
中脇さん初読み。可愛らしい表紙と裏腹のタイトルに魅せられて、内容も確かめずつい購入してしまいましたが、中脇さんって児童書を書く人だったのですね。というか、読み始めて本当に祈祷師の娘(中学生の女の子)の話とは・・・。一体どのような展開になるのやら(と言ってもポブラ文庫ですので)と、興味深々。憑き物のお祓いという現代ではあまりお目にかかれない職業を題材にしているので、ちょっと違和感もありますが、血のつながらない家族の中で、自分の居場所を探し続ける少女の自立というお話は、とてもやさしくて暖かく心に沁みました。2012/09/24

greenish 🌿

27
祈祷師の家に暮らす中学生の春永。父・母とも血の繋がりがない。実の娘の姉・和花とは違い、自分だけが血が繋がっていないということを自覚し始め、所在なさを感じる。複雑な思いを抱えきれず、生みの母親を訪ねた春永がそこで目にしたものとは  ---祈祷師という特殊な力を持つ家で育った春永が、誰かと繋がっていること、自分も価値ある存在であることを求めて葛藤する様がシンプルな言葉で訴えかけてくる。中学の同級生に”感じてしまう”不登校の子がいた。自分を否定しつつ「あなたはあなたでいい」という言葉を求めていたんだろう・・・。2013/08/06

メタボン

26
☆☆☆★ 血はつながらないが祈祷師の家族として育つ春永。奇抜な設定ながらハートフルな物語だった。金魚が良い味を出している。 2021/05/14

roomy

25
特別な力がなくたって人を救うことはできるし、血のつながりはなくても家族にだってなれる。春永が自分をしっかりと受け入れて、ひかるちゃんのことを助けてあげられたのには感動です。だれか一人でもありのままの自分を受け入れてくれたら生きていけますよね。うっかりダーダーと泣いてしまいました。2013/12/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4971512

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。