鈴の神さま

個数:

鈴の神さま

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年09月24日 13時53分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 312p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784591130056
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

あの山のてっぺんに住んでいるのは誰?それはきっと、小さな神さま―。四国ののどかな田園を舞台に、やわらかく紡がれる5つの物語。第4回角川春樹小説賞受賞作家のデビュー作。

著者紹介

知野みさき[チノミサキ]
1972年生まれ。ミネソタ大学卒業。東京でウェブ編集の仕事に携わったのちカナダに渡る。現在、バンクーバー在住。五大銀行のひとつにて内部監査員を務めている。『連翹荘綺譚』が2010年第5回ポプラ社小説大賞の最終候補作となる。2012年、第4回角川春樹小説賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

四国の山間にある小さな町・高野町を舞台に、さまざまな時代に生きる人々と、愛くるしい男の子の姿をした鈴の神さまのふれあいを温か

やさしい想いに満たされる、ほっこりファンタジー!
疲れた心にじんわり効きます。

四国の山間にある小さな町・高野町を舞台に、さまざまな時代に生きる人々と、
愛くるしい男の子の姿をした鈴の神さまのふれあいを温かく描いた短編連作。

中学生の冬弥は春休みに訪れた四国の祖父の家で、不思議な男の子・沙耶に出会う。
甘いものが大好きな可愛い子どもにしか見えない沙耶は、実は「鈴の神さま=鈴守」だった。
ずっと続けてきたピアノとの向き合い方に悩んでいた冬弥は、沙耶と過ごす時間を通して
やわらかな気持ちを取り戻していく――表題作「鈴の神さま」のほか4編を収録。

2012年、第4回角川春樹小説賞を受賞した期待の新鋭のデビュー作です!

【著者プロフィール】
知野みさき(ちの・みさき)
1972年生まれ。ミネソタ大学卒業。東京でウェブ編集の仕事に携わったのち
カナダに渡る。現在、バンクーバー在住。五大銀行のひとつで内部監査部員を
務めている。
2010年、『連翹荘綺譚』が第5回ポプラ社小説大賞最終候補作となる。
2012年、鈴木みく名義で応募した『加羅の風』で第4回角川春樹小説賞を
受賞。受賞作は10月刊行予定。

鈴の神さま  1996年春