ポプラポケット文庫<br> 海をこえた怪談 銀の本

個数:
電子版価格 ¥715
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ポプラポケット文庫
海をこえた怪談 銀の本

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年10月27日 07時50分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B40判/ページ数 218p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784591130025
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8293

出版社内容情報

「『銀の本』を見つけた者にこの城をゆずろう!」といわれ、ひいおじいちゃんの住むフランスにやってきたぼく。なれない土地で本さが

「銀の本」に関わった者はふしぎな運命をたどるという……。
「『銀の本』を見つけた者に、この城をゆずろう!」といわれ、ひいおじいちゃんの住むフランスにやってきたぼく。
なれない土地で本さがしにのりだしたけれど……。

内容説明

「銀の本」にかかわったものは、ふしぎな運命をたどるという…。突然の招待状に、フランスにやってきたぼく。「『銀の本』を見つけたものに、城をゆずろう!」というひいおじいさんのことばに、なれない土地で、本さがしにのりだしたけれど、だれかにねらわれている気がする…。小学校上級から。

著者等紹介

緑川聖司[ミドリカワセイジ]
2003年『晴れた日は図書館へいこう』が第1回日本児童文学者協会長編児童文学新人賞を受賞

竹岡美穂[タケオカミホ]
人気のフリーイラストレーター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

七月せら

13
パリの古城で西洋ホラー&ミステリー。ホラーというよりは不思議なお話とか、おとぎ話に近くて楽しめました。主人公の体験もいつになくほっこりするお話。2018/08/15

マツユキ

11
本屋さんでこのシリーズが並んでいて、気になっていました。偶然、手に取ったこの本は8作目みたい。小6の悟は、一人フランスに向かう飛行機に乗っていた。母も会ったことがない、フランスに住む曾祖父から、招待状が届き、曾祖父が住む古城へと向かった…。初めて会う親戚たちが不思議な話を披露し合って、なんだか和やかですが、ちゃんと?事件が起こります。ミステリで、ミステリー。楽しかったです。山岸さんがレギュラーなのかな。気になる…。2019/09/06

深青

9
シリーズも終盤です。8冊目。外国に住んでいる会ったことのない、ひいおじいさん。ひいおじいさんからの招きで、ひいおじいさんの住む古城へ出向いた少年は…。舞台が海外ということもあって、怪談も大半が海外もの。狼男とか悪魔とかが出てきて、怪談というよりもホラーという印象。今回は全体的にホラーというよりもミステリー。悪いやつに怯まずに立ち向かった少年は、かっこ良かった!2014/07/22

キリ

7
色の本怪談シリーズ8巻目。ホラー+ミステリーという感じで今まで読んだシリーズの中でそんなに怖くないなと思いました。でも面白かったです。第五話『銀のスプーン』第七話『身がわり』がお気に入りです。2017/12/16

美海

6
怪談話というよりはミステリテックで、ファンタジーっぽいなと思いながら読みました。自分のひいおじいちゃんが外国に住んでるなんてかっこいいですね。怪談シリーズの中では一番楽しんで読むことができたと思います。2014/02/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4965995

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。