サッカー子育て術―子どもを輝かせる「8つのチカラ」の伸ばし方

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 207p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784591129753
  • NDC分類 783.47
  • Cコード C0037

内容説明

サッカーと真剣に向き合う子どもたちの傍らで、大人はどのようなサポートを心がければよいのか。スペインと日本での指導経験のある著者がサッカー指導の心構えを提案。

目次

1章 たくましさを身につける(主張するチカラ;考えるチカラ;感情を表現するチカラ)
2章 集団の中で輝く(仲間を大切にするチカラ;ルールを守るチカラ)
3章 大人への階段を登る(状況を的確に判断するチカラ;向上心を持ち続けるチカラ;あらゆる状況に適応するチカラ)

著者等紹介

村松尚登[ムラマツナオト]
FCバルセロナスクール・コーチ。1973年生まれ、千葉県出身。千葉県立八千代高校、筑波大学体育専門学群卒業。同大サッカー部OB。1996年、スペインに渡る。その後、バルセロナを拠点に8クラブのユース年代以下の指導に携わり、2004年10月には、スペインサッカー協会が発行する上級コーチングライセンスを取得した。2005年、スペインサッカー協会主催の「テクニカルディレクター養成コース」を受講。2006年から、FCバルセロナのジュニアスクールで12歳以下の子どもを指導(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

FCバルセロナスクールコーチである著者が人間の成長を促す、サッカー指導の新しい価値観、心構えをスペインでの指導経験をもとに伝