• ポイントキャンペーン

新・童話の海
ゆびわがくれたプレゼント

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 152p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784591129562
  • NDC分類 K913

内容説明

夏休み、家族とはなれて、海べの町ですごすことになった、香菜。ともだちもいなくて、毎日、つまらない。でもある日、香菜の前に、ふしぎな女の子があらわれ…。日本児童文学者協会、ポプラ社「新・童話の海」第3回公募入選作。

著者紹介

田沢五月[タザワサツキ]
岩手県生まれ。「みちのく妖怪の町 旅館『河童屋』」で遠野物語百周年文学賞受賞。日本児童文学者協会、岩手児童文学の会会員。季節風、ふろむ同人。『ゆびわがくれたプレゼント』で「新・童話の海」第3回公募に入選、デビュー作となる

吉田尚令[ヨシダヒサノリ]
大阪府生まれ。イラストレーター、絵本作家として活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

夏休み、海ベでの出会いで少女が成長していく姿をみずみずしく描いた物語。東北の土地ならではの自然風景も丁寧に描かれた、味わい深

夏休み。弟が病気がちでかまってもらえない香菜は、ひとりで海ベのおじいちゃんの家に泊まりにいくことになった。おじいちゃんの家の近くには遊べる子はいないし、食べ物も魚ばかり。退屈していた香菜の前に、ある日、ひとりの女の子があらわれた。女の子から借りた指輪は、とてもふしぎな力をもっていて……。海ベでの出会いで少女が成長していく姿をみずみずしく描いた物語。東北の土地ならではの自然風景も丁寧に描かれた、味わい深い一冊です。

1小さな弟
2バス
3市日
4岬の家
5岩場
6女の子
7約束
8あの子の指輪
9時化
10月の光
11にじ色の海
12お母さんの電話
13おべんとう
解説 薫くみこ