ポプラ文庫<br> ファミリーツリー

個数:
電子版価格 ¥726
  • 電書あり

ポプラ文庫
ファミリーツリー

  • 提携先に4冊在庫がございます。(2021年10月19日 17時47分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 371p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784591129135
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

少年は自然の中で、曾祖母たち近しい大人に見守られ大切な存在への想いを糧に成長してゆく。五感に響く筆致で、命のつながりの煌めき

内容説明

少年は、父のいとこにあたる少女に恋をした。彼は両親への歯がゆい思いや情けない自分へのいらだちを抱えながら、曾祖母たち近しい大人に見守られ、大切な存在への想いを糧に成長してゆく。著者ならではの五感に響く筆致で、命のつながりの煌めきを描き出す物語。

著者等紹介

小川糸[オガワイト]
1973年生まれ。小説家。他に食や旅のエッセイや絵本の翻訳など、精力的な執筆活動を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ミカママ

468
小川さんの小説は、いつだって避けては通れない人生の「現実」みたいなところも織り込んでくる。タイトルの妙味。菊おばあちゃんがイイ。舞台が馴染みのある、この夏も街中をブラブラした松本市だったのもイイ。物語が出来すぎなのには、この際目をつぶろう。2019/07/24

SJW

140
長野県の穂高駅近くの旅館に曾祖母、両親とで住んでいるリュウは、毎年、夏にやって来る父のいとこリリーに恋心をいだく。捨てられていて拾った子犬 海や、曾祖母の菊などに囲まれ見守られながら成長していく。先祖がいたからこそ自分達がいて、そして命を繋いでいくことの素晴らしさを伝えてくれる作品。穂高駅辺りは北アルプス登山の玄関であり、良く行った場所なので登山の前の興奮を思い出しながら読み進めた。2020/08/01

さてさて

127
『なんだか、ツリーみたいな形してるね』、と自分に繋がる線が描かれた家系図に何かを感じた流星。何か大きなことが起こるわけでもない普通の日常の繰り返しがやがて歴史を作っていく。家系図の中に確かにその人が生き、家系図の中に確かにタスキを繋いだことが記録されていく。そして、大きく大きく家族が繋がっていく、広がっていく。小川さんならではの食の絶妙な描写と、信州・穂高の美しい自然の描写、そして子どもたちの繊細な内面の描写に魅了されるこの作品。味わいのある普通の日常こそをじっくり味わいたい、そんな風に感じた作品でした。2021/02/16

ゴンゾウ

103
小川糸さんの優しい物語にたくさん癒された。人と繋がることの難しさ、鬱陶しさ辛さそしてその先の素晴らしさ大切さが詰まっていた。ファミリーツリーのように。幼い頃から兄弟のように育ったリュウとリリー。淡い恋から始まったふたり関係が成長に伴い変化して行く。何度も何度も切れかかった細い糸が細々と繋がって最高は太く太く。リュウの幼さと対象的にリリーの凛々しさがとてもよかった。2017/03/29

ちょこまーぶる

88
心が温かくなった一冊でした。リュウとリリーの幼い頃に描き始めた「好き」という気持ちから、二人が大人になってからの「お互いを尊重して愛する」という気持ちに変わっていくプロセスを海という犬との出会いと辛い別れや彼らを見守り続ける曾祖母たちの言動を通して温かく表現していて非常に読みやすかったですね。そして、二人の関係は穂高の大自然に育まれていていたからこそのものであって、都会ではこんな素直な関係は続かないであろうという印象も持ちましたね。これからも二人には色々なアクシデントがあると思うけど大丈夫だと思いますね。2016/08/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4671456

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。