図解絵本 東京スカイツリー

個数:

図解絵本 東京スカイツリー

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年05月19日 01時01分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 52p/高さ 31cm
  • 商品コード 9784591128602
  • NDC分類 E
  • Cコード C8752

出版社内容情報

地下50メートルから、地上634メートルまで、2年以上にわたる長期取材で、巨大タワーができるまでを紹介した絵本! 東京スカイ

東京スカイツリー公認ブック

東京スカイツリー工事の舞台裏を徹底取材!

地下50メートルから、地上634メートルまで、
2年以上にわたる長期取材で、
巨大タワーができるまでを
紹介した絵本です。

イラストは、精密で迫力ある構図が人気の
モリナガ・ヨウ氏。

ラストは、大迫力の観音ページ!

子どもから大人まで楽しめる、
スカイツリー絵本の決定版です!

巨大な建設現場・・・4
タワーの仕事・・・6
場所とデザインの決定・・・8
設計から施工まで・・・10
工事車両大集合・・・12
基礎工事・・・14
鉄骨をつくる・・・16
鉄骨をぬる・・・18
鉄骨を組み立てる・・・20
現場で働く人びと・・・22
タワーのなか・・・24
町の新風景・・・26
タワークレーンのひみつ・・・28
クレーンコックピットのなか・・・30
天空の工事現場・・・32
第1展望台を上から見る・・・34
地震や風に強い構造・・・36
照明とエレベーター・・37
いよいよ完成まぢか・・・38
地上634メートルのゲイン塔・・・40
ついに完成! 
世界一のタワー、東京スカイツリー・・・42
データで見る 東京スカイツリー・・・49
東京スカイツリー取材で出会った人たち・・・50
用語解説・・・51

内容説明

「電波塔ってなに?」「タワークレーンは、どうやっておりてくるの?」「どんな人がつくっているの?」東京の空に白くそびえる新タワー、東京スカイツリー。634メートルという未知の高さで世界に誇るタワーができるまでを徹底取材しました。

目次

巨大な建設現場
タワーの仕事
場所とデザインの決定
設計から施工まで
工事車両大集合
地下50メートルの基礎工事
鉄骨をつくる
鉄骨をぬる
鉄骨を組み立てる
現場で働く人びと
タワーのなか
(コラム)街の新風景
タワークレーンのひみつ
クレーンのコクピットのなか
天空の工事現場
第1展望台を上から見る
(コラム)地震や風に強い構造
照明とエレベーター
いよいよ完成まぢか
地上634メートルのゲイン塔
ついに完成!世界一のタワー、東京スカイツリー

著者等紹介

モリナガヨウ[モリナガヨウ]
1966年東京生まれ。早稲田大学教育学部地理歴史専修、漫画研究会在籍。ルポイラストを得意とする。立体作品も手掛ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kinkin

77
東京スカイツリーについて楽しいイラストでまとめられていた。イラストがとても見やすい。スカイツリーがどのように作られていったのかの解説もわかりやすい。パワークレーンの操縦席も書かれていたが、なにぶん高所なのでトイレも簡易用が置いてあるそうだ。スカイツリーには驚くが約60年前に今のような機材や測量機、パソコンのない時代に作られた東京タワーというのはやはりすごいと思った。東京タワーに関わった人たちのことも知りたくなった。図書館本。2016/03/06

けんとまん1007

36
現地へ行ったことがない・・・のであるが、十二分の楽しめた。こうやって作っていったんだあ~と、驚きだけでなく、新鮮さも感じた。それにしても、これだけのものを造るということ、そのバックボーンにある技術の素晴らしさと、はてしなく裾野が広がる関係者の範囲も凄い。いうも思うのだが、暴風雨とかにも倒れない構造・地盤つくりなど、文系の自分には、遠い宇宙の世界のようなもの。凄い人って、たくさんいらっしゃるんだなあ~っと感心。それ以上に、モリナガさんの絵が素晴らしい!2016/07/17

Shoko

28
図書館。裏表紙に描かれた重機に魅かれたのか、息子が持ってきました。とても詳細に、東京スカイツリーが出来るまでが描かれています。高所恐怖症の私は、工事に携わる人の絵を見ながら想像しただけでも、ゾワゾワっとしてしまいした。タワークレーンの人は一日中、中に詰めていると知り、大変なお仕事だなぁと思いました。大人でも十分に楽しめる本でした。2017/08/19

夜長月🌙

22
展望室の最高点は「ソラカラポイント」。展望室が斜めになっていて自分の足で登ることはもう忘れてました。相変わらず休日は大人気。2016/05/26

ひびつき

20
これは、面白い! たっぷりのイラストを使って工事や部品やコンペや仕組みをちまちま説明していきます。ぐーんとスカイツリーが完成する仕掛けページは子どもと一緒にめくります。でかっっ。そして表紙見返しと裏表紙見返しの遊び心に気づく楽しみ。2013/08/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4644882

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。