ポプラ社の新・小さな童話<br> おばけのアッチほっぺたぺろりん

個数:
電子版価格 ¥990
  • 電書あり

ポプラ社の新・小さな童話
おばけのアッチほっぺたぺろりん

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月07日 22時23分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 77p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784591122174
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8093

内容説明

ドラキュラのまごむすめ、ドララちゃんが、小さなおばけをつかまえました!もしかして、アッチのおとうと?たいへん!はやくたすけないと、ドラキュラにたべられちゃう!?小学低学年向。

著者等紹介

角野栄子[カドノエイコ]
東京生まれ。早稲田大学教育学部英語英文科卒業。ブラジルでの体験をもとにした『ルイジンニョ少年、ブラジルをたずねて』(ポプラ社)でデビュー。その後、童話を書き始め、『わたしのママはしずかさん』(偕成社)、『ズボン船長さんの話』(福音館書店)で路傍の石文学賞、『魔女の宅急便』(福音館書店)で野間児童文芸賞と小学館文学賞を受賞し、JBBYオナーリストにも選ばれる

佐々木洋子[ササキヨウコ]
1952年、青森県に生まれる。女子美術大学卒業。「小さなおばけシリーズ」「ぴょんぴょんえほんシリーズ」で、角野栄子氏と長年息の合ったコンビを組んでいる。赤ちゃんや幼児向け絵本の分野を中心に活躍している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

りえこ

18
アッチに家族がいなくてしんみりしました。ドッチ、可愛い。アッチも一人じゃなくてよかった。2013/12/07

どら母 学校図書館を考える

9
勤務先で、修理しながら。2019/01/22

織田くん

5
ドッチとドララちゃんかわいい❤ せっかく弟ができたのにお家に帰っちゃって残念だね...(;_;)かなしい2015/09/28

noko

3
おばけのアッチシリーズ。ドラキュラの孫娘、ドララちゃんは食いしん坊。アッチの作ったお料理は勿論、アッチまでもが食べられそうに!なぜかというと、アッチのほっぺが、柔らかそうで、とても美味しそうだから。ほっぺたをぺろりんしたくなる。確かに私も小さい子供のほっぺたは、可愛くて、ぺろりんしたくなります。ドララちゃんは、アッチと友達なんだけど、完全なお友達という立ち位置ではなくて、すこーし緊張もする間柄で面白いです。2021/02/26

みるく

3
ドラキュラおじいちゃんがアッチとドッチのほっぺをぺろりんとしてて、ドラキュラおじいちゃんはなんでもなめるからすごいなーと思いました。わたしはドラキュラおじいちゃんにもドララちゃんにもぺろりーんされたくないです。さいしょにドララちゃんからおてがみがきたのが、アッチたぶんうれしいだろうなと思いました。2018/05/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/984025

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。