百年文庫<br> 嘘

個数:

百年文庫

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年06月06日 11時39分現在)
    【重要:納期について】
    緊急事態宣言等の影響により、出荷までに7~8日程度かかる場合がございます。
    誠におそれいりますが、ご了承のうえご注文をお願い申し上げます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • サイズ B40判/ページ数 169p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784591121504
  • NDC分類 908.3
  • Cコード C0393

内容説明

村の落ちこばれ少年・斉藤平太は、父の威信で職に就いたものの、間抜けな失敗ばかり。皆の嘲笑に嫌気がさして心機一転上京するが…(宮沢賢治『革トランク』)。級友の作り話遊びに退屈した「私」は、「今迄隠して居ましたけれど」と自らの秘密を語りはじめた(与謝野晶子『嘘』)。「わたしたちは色が白いから、いちばん文明が進んでいるのですか?」―盲目の少年の問いに、大人たちは狼狽する(エロシェンコ『ある孤独な魂』)。曇りなき心で綴られた名篇が、鏡となって虚構を映し出す。

著者等紹介

宮沢賢治[ミヤザワケンジ]
1896‐1933。岩手県花巻市に生まれる。盛岡農林高校在学中から詩や散文を書き、教諭を経て農業を主とした生活に入る。最愛の妹の死を『永訣の朝』に、病に倒れて『雨ニモマケズ』を著した

与謝野晶子[ヨサノアキコ]
1878‐1942。大阪府堺市生まれ。与謝野鉄幹との出会いから「明星」に短歌を発表するようになり、初の歌集『みだれ髪』で一躍注目を集める。反戦詩『君死に給ふことなかれ』を発表するなど、社会問題に対して文壇から一石を投じた

エロシェンコ[エロシェンコ][Eroshenko,Vasilii]
1890‐1952。ロシアの詩人・童話作家。4歳で失明し、モスクワやロンドンの盲学校で学び、『提灯の話』でデビュー。1914年からは東京に在住し、『夜明け前の歌』『人類のために』などを執筆した。後に中国に渡り、魯迅や周作人と親交を持った。エスペラント(国際語)普及にも尽力した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。