• ポイントキャンペーン

百年文庫  19

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 197p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784591119013
  • NDC分類 908.3
  • Cコード C0393

内容説明

「僕は、あの、小説家になりたいと思っているんだ」―新聞配達をしながら廓に通う「私」は、遊女になって間もない純朴な娘と親しくなり、想いを伝えようとするが…(小山清『朴歯の下駄』)。刑務所に夫のある妓が客のひとりに惚れてしまう…雪景色が涙をさそう藤原審爾の『罪な女』。惚れた男との最後の宴、悲嘆にくれる花魁・吉里に、どうしてもいま会いたいと待ち続ける客が―。すれ違う男女が哀しみを織りなす広津柳浪の『今戸心中』。遊里を舞台にした切ない恋の物語。

著者等紹介

小山清[コヤマキヨシ]
1911‐1965。東京・浅草生まれ。職を転々としながら太宰治に師事、太宰の死後、注目されるようになる。1951年から3年連続芥川賞候補になるが、失語症や夫人の自殺など非運が続いた

藤原審爾[フジワラシンジ]
1921‐1984。東京・本郷生まれ。戦後発表した『秋津温泉』で注目され、1952年『罪な女』ほかで直木賞を受賞。純文学から各種娯楽小説にいたるまで、さまざまなジャンルで活躍した

広津柳浪[ヒロツリュウロウ]
1861‐1928。肥前・長崎生まれ。本名は直人。26歳で『女子参政蜃中楼』を発表し、文筆の道に入る。尾崎紅葉と知り合って硯友社に参加。社会の底辺に目を向けたその作品は、深刻小説とも悲惨小説とも呼ばれた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。