ポプラ文庫
翻訳家じゃなくてカレー屋になるはずだった

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 267p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784591108383
  • NDC分類 801.7
  • Cコード C0195

内容説明

翻訳生活20年、訳書が300冊を超える人気翻訳家の初エッセイ集。翻訳のおもしろさ&むずかしさ、屋台のカレー屋になるはずがなぜか翻訳家になった理由などを、軽妙な筆致で綴る。江國香織との翻訳対談、金原創作ゼミ出身の古橋秀之、秋山瑞人との鼎談を収録。

目次

1 ぼくの翻訳事始め(屋台のカレー屋になるはずだった;はじまりは「ハーレクインロマンス」 ほか)
2 翻訳は悩ましい(アイをめぐる悩み;アイをめぐる悩み、ふたたび ほか)
3 翻訳家に未来はあるか(翻訳家に必要な才能;翻訳家に向かない辞書マニア ほか)
4 本をめぐる出会い、旅、人(ファンタジーの年;マジック・リアリズムの魅力 ほか)

著者等紹介

金原瑞人[カネハラミズヒト]
1954年、岡山県生まれ。法政大学社会学部教授、英米文学翻訳家。ヤングアダルトを中心に、幅広いジャンルの作品を精力的に翻訳(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。