人間には使えない蟹語辞典

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 191p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784591107171
  • NDC分類 917
  • Cコード C0081

内容説明

動物目線で考えた、おかしくも、ためになる辞典。「生き物ならどうするか」、「どう考えるか」、「どう振る舞うか」について、伝聞、推測、憶測している。

目次

第1章 魚介類語編(前向きに考える;カニ語訳 ほか)
第2章 哺乳類語編(決めゼリフ;ザトウクジラ語訳 ほか)
第3章 鳥類語編(シンプル・イズ・ベスト;クジャク語訳 ほか)
第4章 爬虫類・両生類語編(成人式;カエル語訳 ほか)
第5章 虫語編(親の七光り;タマムシ語訳 ほか)

著者等紹介

金田一秀穂[キンダイチヒデホ]
1953年、東京都生まれ。上智大学心理学科卒業。東京外国語大学大学院日本語学専攻修了。祖父の京助、父の春彦に続き、日本語の研究を専門としている。ハーバード大学客員研究員を経て、杏林大学外国語学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。