• ポイントキャンペーン

臓器漂流―移植医療の死角

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 223p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784591103456
  • NDC分類 494.28
  • Cコード C0095

内容説明

死刑囚をドナーにするといわれる中国で、腎移植手術を受けた日本人。臓器売買の横行が指摘されるフィリピンで、手術中に亡くなったプロレスラーのジャンボ鶴田。彼らはなぜ海外で移植しなければならなかったのか?なぜ日本のドナー不足は解消しないのか?日本移植医療の黎明期から取材を重ねてきた、産経新聞論説委員が、問題の核心に迫る。

目次

第1章 死刑囚ドナー(依頼;厚生労働省に説明 ほか)
第2章 ジャンボ鶴田の悲劇(移植しか術なし;リングへの執念 ほか)
第3章 病腎移植の是非(初の移植法違反;解説記事 ほか)
第4章 移植法を見直すべし(十年前のコラム;家族で話し合う意味 ほか)
第5章 ドナーが足りない(移植大国;渡航移植の調査 ほか)

著者等紹介

木村良一[キムラリョウイチ]
1956年10月18日生まれ。慶應大学卒。83年4月、産経新聞社入社。98年2月、社会部次長。2005年7月、社会部編集委員。06年2月、論説委員。社会部記者が長く、警視庁、運輸省(当時)、国税庁、厚生省(同)などを担当。主にリクルート事件、金丸脱税事件、薬害エイズ事件、脳死移植問題を取材した。06年3月~08年3月、慶大非常勤講師。02年7月に第21回ファルマシア医学記事賞、06年9月に第25回ファイザー医学記事賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。