こうして勝ち抜いてきた税務争訟の闘い方―調査立会・不服申立て・訴訟

個数:

こうして勝ち抜いてきた税務争訟の闘い方―調査立会・不服申立て・訴訟

  • 倉庫に在庫がございます 【残り1点】(通常、注文翌々日~4日後に出荷)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆前日の在庫データを元にしているため、品切れの場合がございます。
    ◆表紙のご指定は承っておりません。
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 320p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784589043412
  • NDC分類 345.19
  • Cコード C3032

出版社内容情報

争訟の思考構造と判断基準となる4つの基本原理を柱に、調査立会・不服申立・訴訟の各段階で闘い方のコツを指南。日本初の納税者勝訴判決である「税額控除否認事件」、課税実務を根底から砕いた「弁護士必要経費事件」、青色申告承認取消再調査申立てなど、これまで著者が携わった事案22件を聞き手との軽快なやりとりで語る。

内容説明

勝訴率60%。軽妙な対話と語り口で、具体的にどうやって闘いどのように勝ったかを展開。“課税根拠となる条文の事案へのあてはめを論理的に考え抜く”という基本的行動原則こそが成功に導く鍵。

目次

第1部 税務との出会いと基本原理(出会い;闘うための基本原理)
第2部 調査立会・不服申立て・訴訟 闘ってきた実例編(相続税・贈与税;法人税;所得税;消費税・固定資産税;青色申告承認の取消し、その他)

著者等紹介

山本洋一郎[ヤマモトヨウイチロウ]
弁護士・税理士(山本法律会計事務所)。1947年大分生まれ

三木義一[ミキヨシカズ]
弁護士・青山学院大学名誉教授。1950年東京生まれ。1973年中央大学法学部卒業、75年一橋大学大学院法学研究科修士課程修了。博士(法学)。静岡大学法学部教授、立命館大学法学部・同大学院法務研究科教授、ドイツ・ミュンスター財政裁判所客員裁判官、青山学院大学法学部教授・学長(2015‐19年)などを経て、2019年より山本法律会計事務所に所属(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。