成蹊大学アジア太平洋研究センター叢書<br> 国家安全保障の脱構築―安全保障を根本から考え直す

個数:

成蹊大学アジア太平洋研究センター叢書
国家安全保障の脱構築―安全保障を根本から考え直す

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年07月24日 03時27分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 224p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784589042668
  • NDC分類 319.8
  • Cコード C3031

出版社内容情報

ロシアによるウクライナ侵攻により、国家は強力な武器を備え、国民はいつでも戦う準備ができていなければならないという言説が強まるなか、政治学のみならず歴史学・文化人類学・国際文化論などの観点もふまえ、安全をつくる多様な主体の努力や実践を可視化し、国家安全保障を再考する論考集。

目次

第1章 国家安全保障の脱構築
第2章 冷戦下の僑郷―金門島の生活と華僑送金に見る断絶と変容
第3章 安全保障とアイデンティティ―タイ山地民の国籍問題をめぐる2つのコンテクストから
第4章 安全と豊かさをつくる人々―南アジアの周縁から
第5章 文化多様性と安全保障(セキュリティ)―ドイツ多文化社会の経験から考える
第6章 宗教と安全保障
第7章 国家安全保障の脱構築の先に

著者等紹介

遠藤誠治[エンドウセイジ]
成蹊大学法学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。