時事新報社主福沢諭吉―社説起草者判定による論客の真実

個数:

時事新報社主福沢諭吉―社説起草者判定による論客の真実

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年05月18日 19時29分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 428p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784589042378
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C3021

出版社内容情報

『福沢諭吉全集』の「時事新報論集」は、編纂者・石河幹明による意図的選別のため福沢執筆社説を正しく抽出しておらず、長年にわたり福沢の論説を歪めてきた。本書は、語彙や文体の分析により福沢真筆社説を選び直し、本当の福沢の思想を読み解いていく。これまでの定説とは異なる、知られざる福沢の思想の全貌を解明する。

内容説明

岩波書店刊『福沢諭吉全集』の「時事新報論集」は、編纂者である石河幹明による意図的な選別のため福沢執筆社説を正しく抽出していない。福沢は日清戦争前に軍備拡大を唱えたことも、戦後に日英同盟の必要性を主張したこともない。また植民地は不要であり、朝鮮に対しては独立を支援するべきとしていた。本書は、語彙や文体を分析する「井田メソッド」により福沢真筆社説を選び直し、知られざる思想の全貌を明らかにする。

目次

第1部 福沢諭吉はどこにいるのか(『時事新報』社説起草者判定の必要性;大正版『福沢全集』「時事論集」の判定 ほか)
第2部 国内問題に関する社説と福沢(宗教論―国民宗教を希求し、キリスト教国化を予言;興業論―商工立国のほかに道なし ほか)
第3部 対外問題に関する社説と福沢(清国論―貿易相手国として付き合いつつ、市民革命に期待;朝鮮論―独立国家として扱い、通商や軍事の協定を結ぶべき ほか)
第4部 福沢伝と『全集』の編纂者・石河幹明(福沢諭吉像を歪めたのは誰か;石河明子著『石河幹明伝』の意義 ほか)

著者等紹介

平山洋[ヒラヤマヨウ]
1961年神奈川県生まれ。1996年ハーバード大学ライシャワー日本学研究所客員研究員。現在静岡県立大学国際関係学部助教(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。