障害法の基礎理論―新たな法理念への転換と構想

個数:

障害法の基礎理論―新たな法理念への転換と構想

  • ウェブストアに9冊在庫がございます。(2021年03月09日 09時24分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 263p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784589041197
  • NDC分類 369.27
  • Cコード C3032

出版社内容情報

障害者権利条約の批准にともない、社会福祉法から新たな法理念を包含した障害法への転換点をむかえている。障害法の生成過程にある現在、法が対応すべき基本問題を解明するために、障害法の構成する範囲・部門・法原理など基礎理論を考察する。そのうえで現行の障害者総合支援法および障害年金法制の課題も検討する。

目次

第1部 障害法の生成―社会福祉法から障害法へ(地域生活支援の基本理念と法理;障害者の自己決定権と給付決定の公正性―イギリスにおける自己管理型支援の試み;社会法としての社会保障法・再考)
第2部 障害法の法的人間像と法理念―従属的人間像とインクルーシヴ平等(障害法の法的人間像と法体系―その法的構造と障害者総合支援法の課題;障害の従属性―アメリカ(ADA)における「従属的集団としての障害者」像とわが国の障害者像
障害の社会モデル、人権モデルと従属的人間像―T.デゲナーの人権モデル論を手がかりに
障害者権利条約における平等概念の発展―インクルーシヴ平等と日本法の課題)
第3部 障害法の基本課題―障害者総合支援法と障害年金法の発展(障害者総合支援法における障害者の範囲と権利主体性―障害法の視点から見た総合支援法の課題(一)
介護保障訴訟と支給決定過程への参画・協議の権能―障害法の視点から見た総合支援法の課題(二)
介護保険給付と自立支援給付の適用関係―障害法の視点から見た総合支援法の課題(三)
障害認定基準の問題点とインクルーシヴな障害者所得保障の将来像―障害法の視点から見た障害年金法の課題
差別禁止と社会福祉の伝統的な関係を越えて―基礎理論の残された課題)

著者等紹介

河野正輝[カワノマサテル]
1941年宮崎県に生まれる。1966年九州大学大学院法学研究科修士課程修了。岡山大学法学部教授、九州大学大学院法学研究院教授、熊本学園大学社会福祉学部教授を経て、九州大学名誉教授、法学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。