「18歳選挙権」時代のシティズンシップ教育―日本と諸外国の経験と模索

個数:

「18歳選挙権」時代のシティズンシップ教育―日本と諸外国の経験と模索

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年05月09日 23時01分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 240p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784589039880
  • NDC分類 371.6
  • Cコード C3037

出版社内容情報

実践的展開と理論を整理し、国際比較も踏まえ学際的に考察。1部は日本の実情と課題を多角的に考察。2部は欧米5カ国の取り組みと課題を考察。3部は大学での実践的な取り組みの検討と今後の課題を明示。

目次

第1部 シティズンシップ教育の課題と日本での取り組み(「18歳選挙権」時代のシティズンシップ教育の意義と課題―大学における主権者教育の可能性を考える;政治的シティズンシップ教育と関連諸教育―市民としての自立はいかにして可能か;学校を中心とした日本のシティズンシップ教育の現状と課題―主権者教育との関わりをふまえて ほか)
第2部 諸外国の取り組み(イギリスにおけるシティズンシップ教育の政治―政治教育と若者の政治参加をめぐる問題;アメリカにおけるシティズンシップ教育の実践空間―教育統制の変容と多様かつ重層的な熟議機会の意義;フランスのシティズンシップ教育―「道徳・市民教育」(EMC)と民主主義の実践 ほか)
第3部 龍谷大学における主権者教育の試み(初年次教育における関心喚起の取り組み―地域政治の担い手との接触を通して;京都市議会政党・会派と学生との対話会;現代の政治争点に関する法学部生と高校生とのワークショップ―「18歳選挙権」を法学部生が高校3年生に伝え、討論する ほか)

著者等紹介

石田徹[イシダトオル]
龍谷大学名誉教授

高橋進[タカハシススム]
龍谷大学名誉教授

渡辺博明[ワタナベヒロアキ]
龍谷大学法学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。