21世紀、大転換期の国際社会―いま何が起こっているのか?

個数:

21世紀、大転換期の国際社会―いま何が起こっているのか?

  • ウェブストアに10冊在庫がございます。(2019年03月20日 05時57分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 190p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784589039835
  • NDC分類 302
  • Cコード C1031

目次

いま国際社会で何が起こっているのか?
第1部 先進国の危機と「自国ファースト」(なぜ移民・難民が世界にあふれているのか?;イギリスはなぜEUからの離脱を選択したのか?;アメリカ・ファーストの世界とは? ほか)
第2部 アジアの動きと日本の未来(日本経済はトランプ政権に立ち向かうことができるのか?;AIIBは中国にとってどのような意味をもつか?;中国は北朝鮮にどう関与するのか? ほか)
第3部 宗教と地域紛争・テロ(ロシアの正教和解はなぜ実現したのか?;「アラブの春」は中東危機を解決したのか?;アフリカにおけるテロの脅威にどう対応するのか?)

著者等紹介

羽場久美子[ハバクミコ]
青山学院大学国際政治経済学部教授。ISA(世界国際関係学会)アジア太平洋地域副会長。ジャン・モネ・チェア(EU)。CHIR(世界国際関係史学会)理事。グローバル国際関係研究所所長。JAICOWS(女性科学研究者の環境改善に関する懇談会)会長。日本学術会議第一部会員(2011‐17)、現連携会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

国際社会の問題点と打開策とは。研究者とジャーナリストたちが学生や市民向けにやさしく書きおろした、国際社会論の入門書。いま何が問題であり、どうすれば打開策が見出せるのか。第一線で活躍する研究者とジャーナリストがやさしく書き下ろした、国際社会論の入門書。

羽場 久美子[ハバクミコ]
著・文・その他/編集

若松 邦弘[ワカマツクニヒロ]
著・文・その他

大津留(北川) 智恵子[オオツルキタガワチエコ]
著・文・その他

水島 治郎[ミズシマジロウ]
著・文・その他

金子 勝[カネコマサル]
著・文・その他

河合 正弘[カワイマサヒロ]
著・文・その他

朱 建榮[シュケンエイ]
著・文・その他

望月 衣塑子[モチヅキイソコ]
著・文・その他

下斗米 伸夫[シモトマイノブオ]
著・文・その他

川上 泰徳[カワカミヤスノリ]
著・文・その他

遠藤 貢[エンドウミツギ]
著・文・その他