「スコットランド問題」の考察―憲法と政治から

個数:

「スコットランド問題」の考察―憲法と政治から

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年06月16日 17時37分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 178p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784589039392
  • NDC分類 312.332
  • Cコード C3032

目次

序章 「スコットランド問題」の考察―2014年独立レファレンダムが提起したこと
第1章 スコットランドの憲法
第2章 スコットランドと連合王国―歴史的、政治的文脈から見た分離独立レファレンダムへ向けた動き
第3章 スコットランドへの権限移譲とその法制度的展開
第4章 スコットランドへの権限移譲と連合王国・Brexit
第5章 連合王国・スコットランドにとっての連邦制の将来
第6章 スコットランドのナショナリズム
終章 二つのレファレンダムと「スコットランド問題」

著者等紹介

倉持孝司[クラモチタカシ]
南山大学法務研究科教授。専門分野:憲法研究(とくに、イギリス憲法研究)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

スコットランドは独立国になるべきか?―歴史過程をふまえ、憲法・政治の専門家が問題を掘り下げて分析する。「スコットランドは独立国家となるべきか?」
憲法・政治の専門家が1707年イングランドとの「連合」から1970年以降の権限移譲の進展、2014年の独立住民投票、2016年以降のイギリスEU離脱動向に至る歴史過程をふまえて問題を掘り下げて分析。地方・地域レベル-全国レベル-超国家レベルの「多層化された統治」の展開をフォロー。

倉持 孝司[クラモチタカシ]
著・文・その他/編集

力久 昌幸[リキヒサマサユキ]
著・文・その他

松井 幸夫[マツイユキオ]
著・文・その他

ジョン・マケルダウニィ[ジョンマケルダウニィ]
著・文・その他

クリス・ヒムズワース[クリスヒムズワース]
著・文・その他

梅川 正美[ウメカワマサミ]
著・文・その他