RECNA叢書<br> 核の脅威にどう対処すべきか―北東アジアの非核化と安全保障

個数:

RECNA叢書
核の脅威にどう対処すべきか―北東アジアの非核化と安全保障

  • ウェブストアに9冊在庫がございます。(2018年04月22日 12時30分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 213p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784589039217
  • NDC分類 319.8
  • Cコード C3031

目次

第1部 「核の傘」依存低減と非核保有国の政策(「核の傘」依存国の定義と考察;「核兵器禁止条約」成立過程における「核の傘」依存国の動向;オーストラリアの「核の傘」依存政策と「南太平洋非核地帯」(SPNFZ) ほか)
第2部 北東アジアにおける信頼醸成―「トラック2」活用の可能性(「トラック2」の定義と北東アジアの特徴;北東アジア平和協力構想(NAPCI)の可能性と今後の展望
パグウォッシュ会議の成果と北東アジアへの期待 ほか)
第3部 非核化の検証と北東アジアの課題(核軍縮における検証の現状と課題;衛星監視技術の利用可能性;地域核物質検証制度の可能性 ほか)
第4部 パネル討論

著者等紹介

鈴木達治郎[スズキタツジロウ]
長崎大学核兵器廃絶研究センターセンター長・教授

広瀬訓[ヒロセサトシ]
長崎大学核兵器廃絶研究センター副センター長・教授

藤原帰一[フジワラキイチ]
東京大学大学院法学政治学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

北東アジアの核廃絶を阻害または促進する要因を、核抑止依存の実態、「トラック2」外交の可能性、非核化過程の検証などから分析。

鈴木 達治郎[スズキタツジロウ]
著・文・その他/編集

広瀬 訓[ヒロセサトシ]
著・文・その他/編集

藤原 帰一[フジワラキイチ]
著・文・その他/編集

中村 桂子[ナカムラケイコ]
著・文・その他

榎本 浩司[エノモトコウジ]
著・文・その他

吉田 文彦[ヨシダフミヒコ]
著・文・その他

向 和歌奈[ムカイワカナ]
著・文・その他

孫 賢鎮[ソンヒョンジン]
著・文・その他

堀尾 健太[ホリオケンタ]
著・文・その他

全 炳?[チョンビョンドク]
著・文・その他

永井 雄一郎[ナガイユウイチロウ]
著・文・その他

太田 昌克[オオタマサカツ]
著・文・その他