市民社会論―理論と実証の最前線

個数:

市民社会論―理論と実証の最前線

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2017年09月26日 16時34分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 338p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784589038135
  • NDC分類 362.06
  • Cコード C1031

目次

第1部 市民社会の理論枠組(熟議民主主義論―熟議の場としての市民社会;社会運動論―国家に対抗する市民社会;非営利組織経営論―経営管理と戦略の重要性;利益団体論―市民社会の政治的側面;ソーシャル・キャピタル論―ネットワーク・信頼・協力の重要性)
第2部 市民社会を左右する諸要因(ボランティアと寄付―市民社会を支える資源;政治文化としての価値観―政治と市民社会をつなぐもの;協働―官民関係は何を生み出すのか;政治変容―新自由主義と市民社会;法制度―市民社会に対する規定力とその変容;宗教―市民社会における存在感と宗教法人制度)
第3部 市民社会の帰結(ローカル・ガバナンス―地域コミュニティと行政;国際社会における市民社会組織―世界政府なき統治の最前線;公共サービスと市民社会―準市場を中心に;排外主義の台頭―市民社会の負の側面)

著者紹介

坂本治也[サカモトハルヤ]
関西大学法学部教授、博士(法学)、政治過程論/市民社会論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

市民社会の実態と機能を体系的に学ぶ概説入門書。第一線の研究者たちが、3部16章編成で理論と実証の最前線を解説する。

坂本 治也[サカモトハルヤ]
坂本 治也(関西大学法学部教授) 第1章

田村 哲樹[タムラテツキ]
田村 哲樹(名古屋大学大学院法学研究科教授) 第2章

山本 英弘[ヤマモトヒデヒロ]
山本 英弘(山形大学学術研究院准教授) 第3章

吉田 忠彦[ヨシダタダヒコ]
吉田 忠彦(近畿大学経営学部教授) 第4章

丹羽 功[ニワイサオ]
丹羽 功(近畿大学法学部教授) 第5章

藤田 俊介[フジタシュンスケ]
藤田 俊介(東京大学大学院総合文化研究科博士課程) 第6章

桜井 政成[サクライマサナリ]
桜井 政成(立命館大学政策科学部教授) 第7章

善教 将大[ゼンキョウマサヒロ]
善教 将大(関西学院大学法学部准教授) 第8章

小田切 康彦[コタギリヤスヒコ]
小田切 康彦(徳島大学大学院総合科学研究部准教授) 第9章

仁平 典宏[ニヘイノリヒロ]
仁平 典宏(東京大学大学院教育学研究科准教授) 第10章

岡本 仁宏[オカモトマサヒロ]
岡本 仁宏(関西学院大学法学部教授) 第11章、第12章

森 裕亮[モリヒロアキ]
森 裕亮(北九州市立大学法学部准教授) 第13章

足立 研幾[アダチケンキ]
足立 研幾(立命館大学国際関係学部教授) 第14章

後 房雄[ウシロフサオ]
後 房雄(名古屋大学大学院法学研究科教授) 第15章

樋口 直人[ヒグチナオト]
樋口 直人(徳島大学大学院総合科学研究部准教授) 第16章